プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

HKT48 小6で加入の“なこみく”が成人式「本当に奇跡」

福岡・住吉神社にて成人式を迎えたHKT48の“なこみく”こと矢吹奈子(左)&田中美久(C)Mercuryの画像

福岡・住吉神社にて成人式を迎えたHKT48の“なこみく”こと矢吹奈子(左)&田中美久(C)Mercury

 アイドルグループ・HKT48の新成人メンバー、“なこみく”こと矢吹奈子と田中美久が10日、福岡・住吉神社で成人式を行い、艶やかな振袖姿を披露した。

【写真】艶やかな振袖を披露した新成人“なこみく”

 例年、国内48グループのメンバーは東京・神田明神で合同の成人式を行ってきたが、昨年に引き続き、新型コロナウイルスの影響で姉妹グループの移動を自粛。HKT48も新成人の“なこみく”が福岡で成人式を迎えた。

 小学6年・12歳でHKT48の3期生として加入して以来、“なこみく”の愛称で親しまれてきた2人は、いまやエースコンビに。「今年の新成人を表現するなら何世代?」という恒例の質問に対し、2人は声をそろえて「ミラクル世代」と答えた。

 田中は「小学6年生から奈子と一緒に活動を頑張ってきて、成人式を一緒に迎えられたことが本当に奇跡」と話し、矢吹は「これからミラクル(奇跡)を起こせるような世代になれたらという意味を込めてミラクル世代にしました」と笑顔をみせた。

 個人の目標も掲げ、矢吹は「去年はドラマ(『顔だけ先生』)に出演させていただいて、お芝居することが楽しいと感じたので、演技のお仕事を今年もやっていきたいです」と意気込み。田中は「去年は写真集を出させていただいて、それからいろいろな雑誌に出させていただけるようになったので、これからはいろんな面で活躍できるように、そしてたくさんの方にもっと名前を知っていただけたら」と語った。

 撮影会では、住吉神社内で力をもらえるとわれているパワースポット「古代力士像」の“力”と刻まれた手のひらに手を合わせ記念撮影が行われた。

■新成人の抱負

▽田中美久
小学6年生の時にHKT48に加入した私も、本日無事に成人式を迎えることができ、また一つ大人に近づけたような気がしています。このような大切な節目を、ここまで一緒に頑張ってきた奈子と迎えられて、とてもうれしいです。振袖は、何色にも染まらない、自分自身をしっかりと持った人になりたいという思いを込めて白にしました。

家族や支えてくださる皆様への感謝の気持ちを忘れずに、これからも精一杯活動に励むので、温かく見守ってくださるとうれしいです。

▽矢吹奈子
本日、無事に成人の日を迎えることができました。日々の生活を当たり前と思わず、日常にある小さな幸せを大切にできる大人になれたらと思います。

これまで支えてくださったファンの皆様、関係者の皆様、家族や友人に感謝の気持ちを忘れず、これからもたくさんの方に勇気や元気を与えられる太陽のような存在になりたいです! 20歳の矢吹奈子もよろしくお願い致します。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ