プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

櫻坂46、3列目メンバーライブで幕開け 小池美波が涙「BACKSのイメージが変わったら」

櫻坂46の3列目メンバーライブ『3rd Single BACKS LIVE!!』より Photo by 上山陽介の画像

櫻坂46の3列目メンバーライブ『3rd Single BACKS LIVE!!』より Photo by 上山陽介

 アイドルグループ・櫻坂46が9日、東京・有明の東京ガーデンシアターで『3rd Single BACKS LIVE!!』2daysの最終公演を開催した。7ヶ月ぶり2度目となる『BACKS LIVE!!』には、3ndシングル「流れ弾」(昨年10月発売)の3列目メンバー16人が出演し、約2時間にわたって全16曲を熱唱した。

【ライブ写真32点】立候補制で全員の見せ場を作った『BACKS LIVE!!』

 櫻坂46は、シングル収録曲によってセンターが代わる3人センター制。表題曲1・2列目の8人「櫻エイト」はすべての収録曲に参加し、楽曲によって入れ替わる3列目メンバーでフォーメーションが構成されている。今回のライブ出演メンバーは、3ndシングル「流れ弾」の3列目メンバー16人で、各楽曲のセンターは前回同様、立候補制で決められた。

 小池美波センターの「ソニア」で幕を開けると、原田葵は「どの曲を誰がセンターをやるのかも楽しみだと思うんですけど、その後ろにいるメンバーもふだん参加していない曲もやっているので、一人ひとりの表情の細かなところまで注目しながら観ていただけたらうれしいなと思います」と、会場および配信を視聴しているファンに見どころをアピール。関有美子は「櫻坂46のスタートがこのライブだから責任感もあるけど、ここでいいライブができたら櫻坂のいいスタートが切れるんじゃないかな」と気を引き締めた。

 遠藤光莉は2ndシングル表題曲「BAN」でセンターを務め、キレキレのダンスを披露。正月の休み中には歌詞の意味をじっくり考えたといい、「自分なりの解釈と今日の気持ちと今までのいろんな気持ちが合わさって、全部パフォーマンスにぶつけられたので、すっきりしました」と晴れやかな表情で語った。

 前回の『BACKS LIVE!!』で、守屋茜(昨年12月卒業)がセンターを務めた「思ったよりも寂しくない」は、姉妹のような関係だった増本綺良が立候補し、SNSではグッとくるファンの声であふれた。また、前回は体調不良で参加できなかった尾関梨香は「Buddies」のセンターを務め、「元気かい? 君に会いたかったよ」と歌い、ファンの涙腺を緩ませた。

 新年一発目のライブとあり、MCではメンバーそれぞれ年始の過ごし方トークも。武元唯衣は「ビッグニュースがあって! 実家に大沼家からお魚をいただいたんです。おっきい鯛にアジ何匹も」と声を弾ませ、家族が漁師の大沼晶保の実家から魚が送られてきたことを報告。その大沼は1日だけ帰省したといい、「紅白に出演したあとに、その日のうちに帰ることができたから、寝ずに山に登って初日の出を見に行きました」と語り、メンバーは「体力すごくない?」「すごいよ! だって『流れ弾』踊ってそのまま山に登ったんだよ」「めちゃめちゃすごい」と驚いた。

 1月2日に22歳の誕生日迎えた守屋麗奈は「お正月に親戚で集まって、お誕生日のお祝いをしてもらった」と喜び、「おばあちゃんがケーキを用意してくれプレートに『れなぁ』って書きたかったみたいなんだけど、『れな↑』って注文してたらしくて大爆笑だった」とほほえましいエピソードを紹介。増本綺良は「2日からスタジオを開けていただいていたので、上村さんと一緒に過ごしました」と、このライブのために帰省はせず、先輩の上村莉菜とともに自主練をしていたことを明かしていた。

 本編ラストは3rdシングル表題曲「流れ弾」。会場が赤一色に染まるなか、小池が客席に挑発的な目線を向けてプーツを脱ぎ捨てると、髪を振り乱して気迫のこもったパフォーマンス。1曲目の「ソニア」とは全く異なる表情で1期生の貫禄を見せつけた。

 改名前の欅坂46時代にはシングル3作品でフロントメンバーを務めたことのある小池は「今回のライブは『BACKS LIVE!!』という名前なんですけど、私は櫻坂46のライブとして観てほしいなと思っていたので」と語り、涙をこぼした。「櫻エイトとかBACKSという名前はあるかもしれないんですけど、みんなすごく輝いているし、すごく魅力があるから、それが伝わってほしいなという気持ちで挑んでいたし、BACKS自体のイメージが変わったらいいなと思っていたので、伝わっていたらいいなと思います」と語ると、ファンは拍手で呼応した。

■『BACKS LIVE!!』で得た経験を櫻坂46全体の活動に活かす

 副キャプテンの松田里奈は「2022年、櫻坂46は2年目に入ります。櫻坂46になってたくさんのBuddies(ファン)の方に支えていただき、これからも『応援していてよかったな』と思ってもらえるグループであり続けたいなと思っています。この『BACKS LIVE!!』で得た経験をこれから櫻坂46全体の活動に活かして、もっともっと櫻坂46を強くしていきたいなと思います。これからも応援よろしくお願いします」と呼びかけた。

【出演メンバー】
上村莉菜、尾関梨香、小池美波、齋藤冬優花、原田葵、井上梨名、遠藤光莉、大園玲、大沼晶保、幸阪茉里乃、関有美子、武元唯衣、藤吉夏鈴、増本綺良、松田里奈、守屋麗奈

■櫻坂46『3rd Single BACKS LIVE!!』セットリスト
OVERTURE
01. ソニア(小池)
02. BAN(1松田/2遠藤)
03. 半信半疑(齋藤)
04. なぜ 恋をして来なかったんだろう?(藤吉)
05. 最終の地下鉄に乗って(井上)
06. 君と僕と洗濯物(原田)
07. Microscope(大園)
08. 偶然の答え(守屋)
09. 思ったよりも寂しくない(増本)
10. 美しきNervous(上村)
11. 無言の宇宙(関)
12. Buddies(尾関)
13. Nobody’s fault(武元)
14. Dead end(1幸阪/2藤吉)
15. 流れ弾(1大沼/2小池)
【アンコール】
EN1. 櫻坂の詩
※カッコ内はセンター、1=1日目、2=2日目

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ