プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【鎌倉殿の13人】ついに第1話放送 “北条義時”小栗旬「ドキドキソワソワしています」

初回放送日を迎え心境を明かした小栗旬 (C)ORICON NewS inc.の画像

初回放送日を迎え心境を明かした小栗旬 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の小栗旬が9日、静岡・伊豆長岡で行われた大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の記者会見に出席。ついに初回放送日を迎え、北条義時を演じる小栗は「非常にうれしく思っています。ドキドキソワソワしていますが、どういう風に自分たちが作ったものがお客さんたちに受け取ってもらえるのか、非常に楽しみです」と語った。

【写真】小栗旬ら”北条ファミリー”が集結!小池栄子はワンピ姿披露

 本作は、義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼が、いかにして武士の頂点に上り詰めたのかを描く。

 会見には小栗をはじめ、小池栄子(政子役)、宮澤エマ(実衣役)、片岡愛之助(北条宗時役)、坂東彌十郎(北条時政役)、大泉洋(源頼朝役)ら主要キャストが集結した。

 小栗に続く形で小池が「とても面白くなった第1話だと思う。ワクワクとともに最後まで楽しんでもらえると自信を持ってお送りできる」と語ると、大泉も「非常に面白い作品になっています。頼朝が天下を取るまでの道のりを楽しんで観てもらいたい」と言葉に力を込めた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ