プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

上原浩治氏『サンモニ』御意見番デビュー 高校ラグビーVの後輩に“初あっぱれ”

上原浩治氏 (C)ORICON NewS inc.の画像

上原浩治氏 (C)ORICON NewS inc.

 元プロ野球選手の上原浩治氏(46)が、9日放送のTBS系『サンデーモーニング』(後8:00)に出演。スポーツコーナーの御意見番としてデビューを飾った。

【写真】「息子さん男前」「上原さんにソックリ!!」上原浩治氏が公開した長男・一真さんとの2ショット写真

 黒系のスーツでビシッと決めて、スタジオに登場した上原氏。阪神の佐藤輝明選手が自主トレをスタートしたニュースで“最初の意見”を述べた。今シーズン序盤からホームランを量産していたが、後半に59打席連続無安打など失速してしまった佐藤選手。その要因について、上原氏は「1年間やる体力が必要。後半バテてしまったということは、1年間の体力がなかったということ」と指摘。オフシーズンは「11月の中頃からトレーニングしていた。12月からブルペンに入っていた。やっていて当たり前ですよね」と自身の現役時を振り返った。

 また、ご意見番として“初あっぱれ”を出したのは、第101回全国高校ラグビー大会で4大会ぶり6度目の優勝を飾った上原氏の母校・東海大大阪仰星のニュース。36対5で国学院栃木を下した同校の活躍に、上原氏は「これもうあっぱれ3つくらいあげてください!」と満面の笑み。「強かったですね。昨日の試合は栃木もすごいいいディフェンスだったが、それ以上に仰星のフォワードが強かった」と後輩たちの活躍に目を細めた。一方、同校野球部については「喝を入れてください」と苦笑いを浮かべ「野球で有名になってほしいですね」を願った。

 同番組で長年御意見番を務めてきた野球評論家の張本勲氏は「シニア人生ゆっくり過ごしたい」などと明かし、昨年に卒業。以降は、スペシャル御意見番として節目での出演となる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ