プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

なにわ男子・大橋和也“ただ定食を食べるだけ”…1クール限定特別番組でシソンヌ長谷川とMC挑戦

テレビ東京新番組『黄金の定食』MCを務める(左から)大橋和也、長谷川忍 (C)テレビ東京の画像

テレビ東京新番組『黄金の定食』MCを務める(左から)大橋和也、長谷川忍 (C)テレビ東京

 人気グループ・なにわ男子の大橋和也が、16日から放送スタートするテレビ東京の新グルメ番組『黄金の定食』(毎週日曜 深1:35)に出演する。町の定食屋さんから知る人ぞ知る名店まで、さまざまお店を巡り、どの定食を食べるか悩みぬいて、選んだ定食をひたすら食べまくる…というとにかくシンプルな企画が、1クール限定の特別番組として始動。大橋はお笑いコンビ・シソンヌの長谷川忍とともにMCに挑戦する。

なにわ男子のTV出演情報

 番組の企画者は『ゴッドタン』や『あちこちオードリー』などの人気番組を手掛ける佐久間宣行氏。この顔ぶれで普通の番組になるわけがない、そんな実験的なグルメ番組で初回に訪れるのは、特大アジフライをはじめボリューム満点な定食メニューが豊富な、文京区・千駄木にある大人気大衆食堂。ここで大橋&長谷川コンビは一体何を選び、何を食するのか。大橋×長谷川×佐久間が日曜の深夜に濃密な30分を送る。

 このほど初回収録を終えた3人からコメントが到着。「食べるのがむちゃくちゃ好きなので、こういう番組は本当にありがたいです」という大橋は「長谷川さんとガッツリ話すのは初めてだったんですけど、本番になるとすごく頼れて、僕の言葉も拾ってくださって、芸人さんはすごいなと改めて思いました」と長谷川に尊敬を表す。そんな長谷川は「大橋くんと2人だけというのは初めてだったんですけど、非常にしゃべりが上手く助かりました。ただ1つ、俺を超える食レポをするのはちょっとどうかなと…(笑)」とプチクレーム。

 「あんまりできないみたいな空気を出していたので、俺もできないし、2人でたどたどしくてもいいからやってこうか…なんて思ってたら、意外と芯を食ったコメントするじゃないかと思って。次週から僕のコメントが変に芯を食うようになっていたら、ちょっと勉強してきたと思っていただければ。いい刺激をもらいました」と感心しきり。佐久間氏も「ロケをやって成功を確信したのは、とにかく大橋くんと長谷川くんがおいしそうに食うっていうところ。それだけで見えました、昇格の道筋が!」と自信をみせている。

■出演者コメント
【大橋和也・なにわ男子】
食べるのがむちゃくちゃ好きなので、こういう番組は本当にありがたいです。長谷川さんとガッツリ話すのは初めてだったんですけど、本番になるとすごく頼れて、僕の言葉も拾ってくださって、芸人さんはすごいなと改めて思いました。メニュー選んで食べるだけなんですけど、それを見て「うわっおいしそう!」と思ってもらえるようなところがたくさんあるのが見どころです。

【長谷川忍・シソンヌ】
テレ東さんの他の追随を許さないグルメコンテンツの番組に出演するのは本当に夢でした。全部見ているくらい好きなので、自分がそれに関われるのがうれしいです。また佐久間さんとガッツリお仕事できるのも久しぶりなのでうれしいです。大橋くんと2人だけというのは初めてだったんですけど、非常にしゃべりが上手く助かりました。ただ1つ、俺を超える食レポをするのはちょっとどうかなと…(笑)。
あんまりできないみたいな空気を出していたので、俺もできないし、2人でたどたどしくてもいいからやってこうか…なんて思ってたら、意外と芯を食ったコメントするじゃないかと思って。次週から僕のコメントが変に芯を食うようになっていたら、ちょっと勉強してきたと思っていただければ。いい刺激をもらいました。
番組では本気で悩んでいる2人と、スタッフさんや常連さんたちの情報に本当に一喜一憂するという、全く芯のない2人を見て頂ければなと。メニュー選びから人間の性を見てもらえるいいドキュメンタリーになっていると思います。

【佐久間宣行・プロデューサー】
本当に日曜の深夜にただメニュー選びに悩み、そして食べるというだけの番組っていう(笑)。ただ今日ロケをやって成功を確信したのは、とにかく大橋くんと長谷川くんがおいしそうに食うっていうところ。それだけで見えました、昇格の道筋が!だから我々も別にここから新しいルールを入れるわけでもなく、メニューに悩んでただ食べるだけという番組にします(笑)。日曜の深夜に見て、月曜のランチの参考にしてもらえればと思います。
見どころは全メニューを食べているディレクターですかね。別に全部食べる必要はないんですけど…。ロケの途中にADが近づいて「私はカツカレーが一番おいしいと思ったんですけどね」とか言ってきたり(笑)。いい番組だと思います。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ