プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『ゴシップ』黒木華のキャラクターに反響「綾波レイみたい」 第2話では新たな局面

『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』第1話カット(C)フジテレビの画像

『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』第1話カット(C)フジテレビ

 女優の黒木華が主演を務めるフジテレビ系木曜劇場『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』(毎週木曜 後10:00)の第1話が、6日に放送。ネットニュースを題材にした内容もさることながら、黒木演じる瀬古凛々子のキャラクターに、SNS上では注目が集まっている。

【写真たくさん】『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』第1話カット

 大手出版社・クスノキ出版の経理部に所属する瀬古凛々子(黒木)は、他人の気持ちを理解したり、場の空気を読んだりすることは苦手だが、この世界や他者を知りたいという欲求は強く、優れた洞察力を生かしてちょっとした矛盾や誤りを見抜く能力に長けた女性。経理部では、その厳しいチェックぶりから地獄の番犬“ケルベロス”とも呼ばれている。そんな凛々子の能力を認め、彼女の協力で同期のライバルを蹴落として執行役員となった仁和正樹(安藤政信)は、凛々子にある仕事を命じる。それは、クスノキ出版が運営するニュースサイト「カンフルNEWS」の立て直しだった。

 「カンフルNEWS」には、温厚で争いごとが苦手な放任主義の編集長・山田礼二(生瀬勝久)以下、凛々子と同期で、ひねくれていて口も悪いが人を丸め込むのが上手い根津道春(溝端淳平)、さまざまな女性と広く浅く付き合い、仕事は早いが中身の薄い男・下馬蹴人(野村周平)、『週刊カンフル』の元エース記者だったシングルファーザーの椛谷静司(野間口徹)、少年マンガ誌『ジャンクス』の編集部志望だった一本真琴(石井杏奈)が所属している。

 第1話では、カンフルNEWSが配信した記事が“フェイクニュース”だと指摘され、凛々子がその対応をする中で、隠された真実が見つかる…という内容だったが、黒木演じる凛々子の淡々とした話し方やキャラクターに対して「綾波レイの雰囲気を感じる」「綾波レイみたい」などの声が続出し、ラストシーンについても、多くの反響が寄せられた。

 ドラマの模様は「TVer」で配信中。第2話では、凛々子が早期退職した山田に代わって、編集長に就任し、物語は新たな局面を迎える。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ