プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

レジェンド葛西紀明、フジ系『北京オリンピック』で初コメンテーターに 現地から“熱い戦い”伝える

『北京2022オリンピック』の「冬のレジェンド コメンテーター」に就任した葛西紀明の画像

『北京2022オリンピック』の「冬のレジェンド コメンテーター」に就任した葛西紀明

 スキージャンプ界のレジェンドの葛西紀明選手が、2月4日に開幕する『北京2022オリンピック』のフジテレビ系の放送で“冬のレジェンドコメンテーター”に就任することが8日、決まった。葛西選手がオリンピックの放送でキャスターを務めるのは今回が初めて。アスリートたちの真冬の熱い戦いを、葛西選手がどのように伝えるのか注目が集まる。同局系の放送では村上信五がメインキャスターを務めることが決定している。

【CMカット】鍛えられた肉体に跳ねる水滴!シャワーを浴びる葛西紀明選手

 葛西選手は1972年生まれの49歳。冬季オリンピック史上最多8回(アルベールビル、リレハンメル、長野、ソルトレイクシティ、トリノ、バンクーバー、ソチ、平昌)に出場している現役のレジェンドアスリートだ。オリンピックでは、1994年のリレハンメルオリンピックの団体ラージヒルで銀メダル、2014年のソチオリンピックでは個人ラージヒルで銀メダル、団体ラージヒルで銅メダルを獲得している。

 9回目のオリンピック出場はかなわなかったが、北京オリンピックは“伝える側”として現地入りすることになった。冬のレジェンドコメンテーターに就任した葛西選手は「スキージャンプ選手としてオリンピックを意識してきたので、“オリンピックの番組に出演すること”に不安もありますが、チャレンジが好きな僕は新たなモチベーションを感じています」「選手として8度のオリンピック出場経験を活かしてスポーツの感動を皆さんと共有したいです」と意気込みを語った。

 注目の選手はやはり同じチームに所属するスキージャンプの小林陵侑選手。小林選手について「今季の陵侑は助走、踏切、空中とパーフェクトなジャンプの確率が高く、あのジャンプをされると誰も勝てないです。ドイツ、ノルウェーの選手も強いので安心はできませんが、ソチ以来8年ぶりのメダル獲得を期待しています」とコメントを寄せた。

 同局系で2月12日午後7時50分より『スキージャンプ男子個人ラージヒル決勝』を放送する。

 さらに宮司愛海アナウンサーが村上とともにメインキャスターを務めることも決定。宮司アナは2018年から『S-PARK』のキャスターを担当し、土日のスポーツニュースを伝えている。宮司アナがオリンピックのキャスターを務めるのは、『東京2020オリンピック』(フジテレビ系)に続いて2大会連続の2回目となる。

■葛西紀明選手コメント

――オリンピックでの仕事の依頼を初めて聞いたとき、率直な感想
「スキージャンプ選手としてオリンピックを意識してきたので、“オリンピックの番組に出演すること”に不安もありますが、チャレンジが好きな僕は新たなモチベーションを感じています」

――テレビのオリンピックの仕事は初挑戦になるが、どのようなスタイルを目指しているか。
「選手として8度のオリンピック出場経験をいかしてスポーツの感動を皆さんと共有したいです」

――メインキャスター村上信五の印象は。
「とっても素敵な方で、大倉山でお話しをした時もとても楽しかったです。そして何事にもとても努力されている印象を持ちました」

――冬季オリンピック史上最多8回(アルベールビル、リレハンメル、長野、ソルトレイクシティ、トリノ、バンクーバー、ソチ、平昌)出場している葛西選手にとってオリンピックとは。
「ジャンプ選手にとって試合の中で最も大きな大会であり、僕が競技を続けるモチベーションの源です」

――オリンピックの舞台を8回経験したレジェンド・葛西選手だからこそ伝えられること、伝えたいことは。
「“オリンピック”という特別な舞台でのアスリート達の緊張や心境はもちろん、オリンピックまでの準備期間のことなどをアスリートに共感しつつお伝えしたいです」

――これまでで印象に残っている冬季オリンピックは。
「ソチオリンピックと長野オリンピックです。ソチ大会は個人、団体のメダルを取れたこと。個人のメダルは悔しさがありましたが団体のメダルでは心から感動しました。長野大会は金メダルのメンバーに入ることが出来ず悔しいに尽きます。それは今でも競技を続ける原動力の一つになっています」

――フジテレビ系では『スキージャンプ 男子個人ラージヒル決勝』を放送するが、見どころは。
「もちろん注目選手は僕が監督を務めるチームの小林陵侑です。今季の陵侑は助走、踏切、空中とパーフェクトなジャンプの確率が高く、あのジャンプをされると誰も勝てないです。ドイツ、ノルウェーの選手も強いので安心はできませんが、ソチ以来8年ぶりのメダル獲得を期待しています」

――フジテレビ系では『ノルディック複合 男子個人ラージヒル10km』を放送します。渡部暁斗選手のすごさ、期待することをお願いします。
「複合はジャンプだけ良くても勝てないですし、クロスカントリーだけ良くても勝てません。その二つのバランスが1番良いのが暁斗だと思います」

――見たい・気になっている競技。
「女子ジャンプ、フィギュアスケートです」

――現地・北京で取材されることに関しての思いや意気込み。
「コロナ禍で大変な中、苦しい練習を乗り越えたアスリート達が全力で大舞台に臨む姿を現地からお伝えできることに僕も熱く燃えています。皆さんに元気と感動をお届けできるよう頑張ります」

――番組を楽しみにしている人たちに一言。
「北京オリンピックを熱く盛り上げられるよう応援しつつ解説できればと思っています。僕自身まだ選手を続けていますので、北京オリンピックに出られない悔しさを噛み締めてこれからも頑張りますので、今後とも応援宜しくお願い致します」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ