プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

乃木坂46、新成人メンバー8人が艶やかな振袖姿披露 賀喜遥香は「運命」感じた着物

乃木坂46(前列左から)阪口珠美、久保史緒里、遠藤さくら、賀喜遥香(後列左から)佐藤璃果、金川紗耶、中村麗乃、北川悠里 (C)ORICON NewS inc.の画像

乃木坂46(前列左から)阪口珠美、久保史緒里、遠藤さくら、賀喜遥香(後列左から)佐藤璃果、金川紗耶、中村麗乃、北川悠里 (C)ORICON NewS inc.

 人気アイドルグループ・乃木坂46の新成人メンバーの久保史緒里、阪口珠美、中村麗乃、遠藤さくら、賀喜遥香、金川紗耶、北川悠理、佐藤璃果が7日、東京・乃木神社で成人式を行った。

【全身ショット】カラフル!キュートに振り袖を着こなし境内を歩く乃木坂46

 ファンと報道陣がつめかけた乃木神社の境内に、過去最多8人の新成人メンバーが鳥居の前で一礼して登場。本殿内での祈祷を終え、カメラの前で艶やかな振袖姿を披露した。今年は、昨年いっぱいで卒業した生田絵梨花と歌唱力では引けを取らない久保、センターポジションを経験し次世代のエースとして名高い遠藤、賀喜などが新成人となった。

 この日の衣装について、久保は「先輩方に相談して『久保は暗めの色が似合う』と言っていただいたので深い緑を選びました」と多くのアドバイスをもらえたことを喜んだ。遠藤は「王道の赤ですが、赤への憧れがあったので選びました」と晴れやかな舞台をさらにきらびやかにした。

 紫の着物で登場した賀喜には「乃木坂カラーを意識したか」と質問がとび「暗めの色がいいと漠然と思っていて『きょうどれにしますか?』と見せていただいたときに、この着物が魅力的に見えました」と直感で選んだという。

 続けて「サイリウムカラーがオレンジと緑で、それも着物に入っていたので、これは運命だと思ってひっそり着てきました」と狙ったのものではなく、偶然が重なった出来ごとと明かした。

■新成人を迎えたメンバーコメント(一部抜粋)
・久保史緒里
中学3年生で加入したので、もう20歳になったんだなと実感しました。乃木坂46にとって10周年、今回の成人式が10回目ということで、めでたいときにたくさんの人数で成人式ができてすごくうれしいです。

・遠藤さくら
早く大人になりたい、20歳を迎えたいと思っていたので、8人という大人数で成人式を迎えられて、とてもうれしく思います。

・賀喜遥香
誕生日を迎えて、何が大人になったのかわからないところもありましたが、お酒をいただいたりとか、いまになって20年生きてきた経験や染みついたものがでてきている気がします。ちゃんと大人になっているんだなと思うことが多くて、これからも頑張りたいと思いましたし、どういう大人になっていくのかとても楽しみです。

・阪口珠美
20歳に憧れていたので、いざ自分がなれてうれしいです。乃木坂の成人式は、加入前から憧れだったので、自分も参加できてうれしい気持ちでいっぱいです。

・佐藤璃果
誕生日を迎えてから実感がわいていなかったですが、みんなと成人式を迎えられて、あらためて成人の実感がわいてきました。これからもっと頑張っていきたいと思います。

・金川紗耶
20歳になったのが、すごくうれしいです。妹の面倒を見るのがすごく好きなので、お姉ちゃんらしく大人になったのが実感できましたし、すごく幸せです。

・中村麗乃
20歳はまだまだ先だと思って過ごした10代でしたが、気づけば20歳であっという間でした。10代の時間が楽しくて幸せでしたが、20歳になって楽しみの幅も広がったのかなと思います。これからの人生が楽しみになりました。

・北川悠理
のびのびと生きてきたので、大学生になったときも20歳になったときも大人になった実感がありませんでしたが、8人も同じときに成人式を迎えられる仲間がいることがうれしいですし、心強いです。この場に立たせていただき、20歳になった実感も持てたので、奇跡のような1日だなと感じています。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ