プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

トレンド

「マックフライポテト」再びSサイズのみ販売に 9日から1ヶ月程度 物流混乱やコロナ禍の影響

マクドナルド(C)ORICON NewS inc.の画像

マクドナルド(C)ORICON NewS inc.

 日本マクドナルドは7日、人気商品の「マックフライポテト」を9日から1ヶ月ほどSサイズのみの販売とすることを発表。原料であるポテト輸送の経由地、カナダ・バンクーバーでの貨物滞留や、雪の影響、コロナ禍による世界的な物流網の混乱によるものとしている。同商品は昨年末(12月24日から30日まで)にもポテトの輸入遅延でMサイズとLサイズの販売を休止していた。

【写真】「マンハッタンポーテージ」とコラボしていた…マクドナルド2022年の福袋

 同社は、「当社が北米から輸入しているポテトについて、船便の経由地であるカナダ・バンクーバー港近郊での大規模水害、およびコロナ禍での世界的物流網への混乱の影響による輸入遅延が発生しております」とし、「これを受け当社では、昨年末に一時的にSサイズのみの販売とする対応をさせていただきました。しかしながら、その後も輸入遅延が続いていることに加え、バンクーバーにおける貨物の滞留や雪の影響による混乱、航路上での悪天候ど不測の事態が重り、1月上旬から中旬にかけて予定していた船便の到着にさらなる遅れが生じている状況です」と説明。

 その上で、1月9日から1ヶ月程度をめどに、セットメニューを含め「マックフライボテト」はSサイズのみの販売とすることや、夜マックの「ポテナゲ大」「ポテナゲ特大」の販売休止を発表した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ