プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

松嶋菜々子×遊川和彦が10年ぶり再タッグ 松本潤主演ドラマ出演決定「とても楽しみです」

1月木曜ドラマ『となりのチカラ』出演が決定した松嶋菜々子(C)テレビ朝日の画像

1月木曜ドラマ『となりのチカラ』出演が決定した松嶋菜々子(C)テレビ朝日

 女優の松嶋菜々子が、嵐の松本潤が主演する1月20日スタートのテレビ朝日系木曜ドラマ『となりのチカラ』(毎週木曜 後9:00)に出演することが決定した。本作の脚本を手掛ける遊川和彦氏とも縁が深い松嶋。社会現象を巻き起こした連続ドラマ『家政婦のミタ』をはじめ、『魔女の条件』や『GTO』など、これまでに数多くの大ヒットドラマを世に送り出してきた“松嶋×遊川”が、2022年新春、またも衝撃作を生み出すことになりそうだ。

【写真】『となりのチカラ』マンションのワケあり住人を演じるソニンら

 同作は、思いやりと人間愛だけは人一倍、だけど何をしても中途半端で半人前な男・中越チカラ(松本)が、同じマンションに住む住人たちの悩みを解決し、やがてそのマンションがひとつのコミュニティーとなって強い繋がりを持っていく姿を描く、社会派ホームコメディー。

 松嶋が演じるのは、中越チカラ一家のお隣・404号室に住む道尾頼子(みちお・よりこ)。引っ越してきたばかりのチカラにゴミ置き場の場所を教えてくれるなど、優しく世話好きな女性だが、どうやら占いにハマっているらしく、常に“今日のラッキーカラー”の服を身にまとっている。全身が黄色、時には赤と、いつもド派手な服装でチカラたちの前に現れる彼女も、なにやら悩みを抱えている様子で……。

 松嶋は「気づけば、遊川さんの作品に多く出演させていただいていることをあらためて実感し驚いています。これまでも個性のある役を演じてきましたが、今までと道尾頼子との違いは、自分にない要素です。監督からのリクエストは、『自分に役を寄せるのではなく、真逆を意識してやってみてください』という事ですが、それは難しく、日々試行錯誤しながら取り組んでいます」と力を込めている。

 主人公のチカラを演じる松本とは、連続ドラマでは3回目の共演。ある時は“姉と弟”、そして、ある時は“探偵社の社長と新人探偵”という関係性を演じてきた2人が、今作『となりのチカラ』では、どんなやりとりを見せてくれるのか、その行方に注目が集まる。

 ドラマにはそのほか、上戸彩、小澤征悦、映美くらら、ソニン、清水尋也、長尾謙杜(なにわ男子)、勝地涼、夙川アトム、浅野和之、風吹ジュンが出演する。

■松嶋菜々子(道尾頼子役)
気づけば、遊川さんの作品に多く出演させていただいていることをあらためて実感し驚いています。
これまでも個性のある役を演じてきましたが、今までと道尾頼子との違いは、自分にない要素です。監督からのリクエストは、「自分に役を寄せるのではなく、真逆を意識してやってみてください」という事ですが、それは難しく、日々試行錯誤しながら取り組んでいます。

共演者の皆さんも監督から“意外性”をリクエストされているそうなので、モニターで皆さんの演技を楽しませていただいています。今作は、そんなキャストの皆さんのイメージとは異なる“意外性”が見どころのひとつ。特に、かっこいいイメージの松本潤さんの“ギャップ”。脚本を書かれた遊川和彦さんがチーフ監督としてイメージを大切に丁寧に撮られているので出来上がりがとても楽しみです。

『となりのチカラ』も、これまでの遊川さんの作品のように、追い詰められている状況をただハッピーエンドに解決するのではなく、小石を投げて波紋をよび、自然と次のステージへと向かわせる。そして、そこに反応するそれぞれの人間性をリアルに描く、遊川さんならではのドラマになっています。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ