プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

新庄剛志、『スパイダーマン』最新作に「俺の家映っていた」 特製スーツ披露

特製スーツを披露した新庄剛志 (C)ORICON NewS inc.の画像

特製スーツを披露した新庄剛志 (C)ORICON NewS inc.

 東京に2年ぶり、23区では4年ぶりの大雪警報が出るほどの雪に見舞われた6日、TOHOシネマズ六本木の大階段(屋外)で映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(7日公開)のイベントが開催され、“BIGBOSS”ことプロ野球・北海道日本ハムファイターズの新庄剛志監督が特製スーツ姿で登場した。

【動画】大雪の中…スパイダーマン特製スーツ姿で登場した新庄剛志

 現役時代には試合前にスパイダーマンのマスクコスプレで大いに野球界を賑わせた新庄。スパイダーマン好きで、かねてからイベント出演へのオファーを心待ちにしていたといい、念願の「スパイダーマン」のイベントに大雪もなんのその。この日の特製スーツは、スパイダーマンだけでなく、本作に登場するドクター・ストレンジの要素として前腕の飾りとマントも。足元は「お父さんが植木屋さんだった」と雪でも滑りにくい足袋を履いてきたという。

 「小さい頃からキングコング、仮面ライダー、スパイダーマンに憧れていたからきょうはとても幸せです。(スーツは)2回採寸してサイズもぴったり。サングラスも1ヶ月以上前から3回作り直した。こだわってますよ」と、白い歯を見せた。

 一足先に本作の試写を観たという新庄監督は「全米(累計興行収入歴代)で8位でしょう。それぐらいの映画です。プロ野球でいうならオールスター」と感想を語り、「スパイダーマンがニューヨークでスイングするシーンで、メジャーの時に住んでいた家が映りました! 俺の家! 302号室のマド! 興奮しました」と、驚きの報告で寒さに凍える報道陣をどよめかせた。

 同イベントには、日本語吹替版で主人公ピーター・パーカー/スパイダーマン役を担当する榎木淳弥、ユニバースを超えて登場し、スパイダーマンと戦うことになるエレクトロ(2014年公開の『アメイジング・スパイダーマン2』に登場)の声優を7年ぶりに務める中村獅童も出席。

 さらに、ゲストとしてアカデミー賞長編アニメーション賞受賞の『スパイダーマン:スパイダーバース』で主人公マイルス・モラレス/スパイダーマン役の声を演じる小野賢章、マイルスを導く別の次元のピーター・B・パーカー/スパイダーマンを演じる宮野真守という2人のスパイダーマン役声優も顔をそろえた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ