プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

シーア初監督映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』エモーショナルな予告編

WEB限定音楽ドラマ版ビジュアル=映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』(2月25日公開)(C)2020 PHOTO CREDIT TONYA BREWERの画像

WEB限定音楽ドラマ版ビジュアル=映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』(2月25日公開)(C)2020 PHOTO CREDIT TONYA BREWER

 ビヨンセにリアーナ、BTSなど数々のスターのヒット曲を生み出し続け、ステージでは素顔を見せない世界の歌姫・Sia(シーア)が初監督を務める映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』(2月25日公開)の予告編と、WEB限定音楽ドラマ版ビジュアルが解禁となった。

【動画】映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』予告編

 Siaが、原案・脚本・製作まで手がけた本作。愛すべき友人と音楽と共に多くの苦しみを乗り越えてきた自身の半生を主人公ズー(ケイト・ハドソン)に託し、“愛する”ことを学び居場所や明日への希望を見出していく感動のドラマを、自ら書き下ろした楽曲とともに描く。

 予告編では、ズーが久しく会っていなかった自閉症の妹・ミュージック(マディ・ジーグラー)との再会から始まる。周囲の変化に敏感なミュージックとの生活に戸惑い、途方に暮れるズー。そこへアパートの隣人・エボ(レスリー・オドム・Jr.)が現れ、優しい笑顔とともに固く閉ざしたズーの心を優しく解きほぐしていく。

 「あの子が支えてくれるように 私も支えたい」と周囲の助けにより次第に未来を語り、希望を見出していくズー。“つらい過去は燃やしてしまおう、立ち上がって空を見上げて、一緒に上を目指そう、一緒ならきっと行ける”――主題歌「Together」の歌詞は、ずっと孤独だと思い生きてきた主人公ズーへのエールにも聞こえる。

 劇中で流れる初解禁の楽曲タイトルは「1+1」。ケイト・ハドソンが少しハスキーながらもビビットな声で歌い上げるこの曲は、心躍る陽気なサウンドに“毎日がホリデー”“ビートに乗って”など明るい歌詞が特徴的で「音楽があれば、毎日がホリデーのように楽しい」というズーとミュージックの心が表現されている。

 WEB限定音楽ドラマ版ビジュアルは、光を浴びて歌うミュージックと苦悩の表情を浮かべるエボの狭間で、マイクを前に凛とするズーの姿が目を引く。明日への希望と音楽と一緒にいられることの喜びを表現したティザービジュアルと180度イメージが変わり、大切なものを見つけミュージックとともに前を向いていこうとするズーの決意の裏で、人知れず不安を抱えるエボの様子に、今後の展開が気になるものとなっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ