プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

宮沢りえ、入魂の“名演説” 共演者「一票入れる」と絶賛 映画『決戦は日曜日』本編映像

映画『決戦は日曜日』(1月7日公開)(C)2021「決戦は日曜日」製作委員会の画像

映画『決戦は日曜日』(1月7日公開)(C)2021「決戦は日曜日」製作委員会

 俳優の窪田正孝主演で、日本の選挙活動をコミカル&シニカルに描く映画『決戦は日曜日』(7日公開)より、宮沢りえ演じる川島有美の魂のこもった抗議演説シーンが解禁となった。実は、共演者が大絶賛しているシーンで、窪田と赤楚衛二は一番印象的だったと口をそろえ、音尾琢真と小市慢太郎は「これは一票入れる」と思わず口にしたという。

【動画】宮沢りえが熱演!日本の政治を憂う抗議演説

 本作の舞台は、とある地方都市。谷村勉(窪田)はこの地に強い地盤を持ち当選を続ける衆議院議員・川島昌平の私設秘書。秘書として経験も積み中堅となり、仕事に特別熱い思いはないが、暮らしていくには満足な仕事と思っていた。ところがある日、川島が病に倒れてしまう。そんなタイミングで衆議院が解散。後継候補として白羽の矢が立ったのは、川島の娘・有美(宮沢)だった。自由奔放、世間知らず、だけど謎の熱意だけはある有美だったが…。

 「あなたたちの私の対応に対する抗議です! いいかげんにしなさいよ!」と、事務所の入ったビルの屋上からまくし立てる有美。「は?」「何を言い出すんだ?」と、戸惑いを隠せない下から見上げる秘書チームの面々。

 そして、有美は一席ぶつのだった。「日本の政治は終わってる! 誰も興味が無い。それはなぜだか分かりますか?? それは私たちなんです。わ・た・したちなんですよ! 理由は! これが普通だから。これまでこうやってやってきたから。そうやって何も考えずにやってきた結果が今の日本の状況なんです! 誰も魅力を感じない。若者も政治に期待しない。ただただ景気は停滞していく一方。日本はスゴイとむなしく言い続けているこの状況。それを変えるには他人事ではなく自分たちのことなんだと国民に自覚してもらうんです。それにはまず、私たちから変わらなきゃいけないんですよ! 改善を要求します! 対応が変わらないのなら、私は辞めてやるから!」

 「川島さんって政治家に向いてるんじゃない?」「無茶苦茶正論言ってくるじゃん」と呑気に関心しうなずく秘書チーム。谷村は「だからって屋上に行かなくても…」とどこか迷惑そう。「ココから飛び降りようとする人たまにいますよねえ」「ちょうどいい高さなんですかね?」と、有美と秘書チームの温度差も見どころとなっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ