プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

なぜkoki,を主演に抜てき? ホラーの巨匠・清水崇が感じた真摯さ「真面目でストイック」

koki, 撮影/KOBA (C)ORICON NewS inc.の画像

koki, 撮影/KOBA (C)ORICON NewS inc.

 モデルのKoki,が映画初出演にして初主演を務めるホラー映画『牛首村』(2月18日公開)の完成披露会見がこのほど行われ、本作の監督・清水崇が彼女をキャスティングした理由を明かした。

【全身ショット】美しさ際立つ白のワンピースで登壇したkoki,

 本作は『犬鳴村』(2020年)、『樹海村』(2021年)に続き、世界的ホラーの名匠・清水監督がしかける「恐怖の村」シリーズ第3弾。Koki,は、心霊動画の視聴をきっかけに恐怖体験に巻き込まれていく女子高生・雨宮奏音と、その妹で行方不明になった三澄詩音と、初映画作品で一人二役に挑戦した。ほか、奏音に好意をもつクラスメイト・香月蓮役を萩原利久、詩音の恋人で行方不明の彼女を探している倉木将太を高橋文哉が演じる。

 清水監督は「監督のみなさんそうだと思いますが、出ていただいた俳優さんが『この作品に出てよかった』と思ってもらえる作品に仕上げる責任がある。とくにkoki,さんは(映画)初めてでありながら主演ですごく難しい役どころで、二役。どう扱っていいかプレッシャーはありましたが、そのプレッシャーに負けない状態に彼女をもっていきたかったし、僕自身も負けないように臨みました」とさまざまな責任を感じながら作品と向き合った。

 続けて「ホラーが苦手な方は無理と言われてしまうこともありますし、昔からのなごりで『ホラー=B級、C級映画』と見られることがいまだにある。ホラーだからこそ日常のなんでもない部分が大事だったりするので、そのようなところをしっかりやっていただける人がいいと思っていました」とベースを描いてキャスティングを進めていった。

 koki,については『樹海村』のプロデューサーからのすすめがあったことを明かし「モデルとしては知っていました。でも申し訳ないですが、お芝居を見たことがないので不安はありました」と最初に抱いた率直な感想を話した。

 それでも、koki,に会ったときに「真面目さ、ストイックな感じが見えて、この人とやるのはおもしろいかもしれない。お芝居に慣れている人よりも、自分もプレッシャーを感じて挑戦できると思ったのが大きかったですね」と彼女から感じた真摯(しんし)な部分に惹かれていった。そして「映画が初めてでしかも主演。お芝居をするkoki,を見ていただけたら驚かれると思います。きちんと仕上げられています」と絶大な信頼を語った。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ