プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

Koki,初主演映画は姉・Cocomiと鑑賞「『頑張ったね』と言ってくれた」

ホラー映画『牛首村』の完成披露会見に出席したkoki, (C)ORICON NewS inc.の画像

ホラー映画『牛首村』の完成披露会見に出席したkoki, (C)ORICON NewS inc.

 モデルのKoki,が映画初出演にして初主演を務めるホラー映画『牛首村』(2月18日公開)の完成披露会見がこのほど行われ、銀幕デビューを飾った心境を語った。

【動画】姉・Cocomiとのエピソードを明かすKoki,

 Koki,は「初めて見たときに、ひとつの映画になったことに感動しました。いろんなシーンを思い出してうるうるしてしまいました」とみなで作り上げていった作品が完成したことを心から喜んだ。

 試写は姉でモデル・フルート奏者のCocomiと見たことを明かし「姉が声をあげて…」とホラー作品らしく怖がってくれたころを喜びつつ「『頑張ったね』と言ってくれたので、ありがとうと返しました」といい、仲睦まじい姉妹のやり取りも話した。

 本作は『犬鳴村』(2020年)、『樹海村』(2021年)に続き、世界的ホラーの名匠・清水崇監督がしかける「恐怖の村」シリーズ第3弾。Koki,は、心霊動画の視聴をきっかけに恐怖体験に巻き込まれていく女子高生・雨宮奏音と、その妹で行方不明になった三澄詩音と、初映画作品で一人二役に挑戦した。

 Koki,は「ものすごくすてきな経験でした。毎日学ぶことが多くて、集中力というところと演じることの楽しさ、魅力を感じられるようになりました」と役者業への思いも口にした。難役に対しても「演じているときに違いをだすのではなく、奏音・詩音をそれぞれ演じるのを心がけていました」とし「とにかく集中して、役に入り込めるように努力していました。ストーリーのバックグラウンドも想像しながら作りました」と作品とリンクするように、感情表現も意識して初主演をやりとげた。

 会見には、奏音に好意をもつクラスメイト・香月蓮役の萩原利久、詩音の恋人で行方不明の彼女を探している倉木将太役の高橋文哉も出席した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ