プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

横浜流星、Netflix版『新聞記者』新場面カット 藤井道人監督が託した思いとは?

横浜流星演じる就活生・亮の新場面写真=Netflixシリーズ『新聞記者』(1月13日より全世界独占配信)の画像

横浜流星演じる就活生・亮の新場面写真=Netflixシリーズ『新聞記者』(1月13日より全世界独占配信)

 女優の米倉涼子が主演、映画版に続いて藤井道人が監督を務めるNetflixオリジナルシリーズ『新聞記者』(全6話)より、横浜流星演じる新聞配達をしながら大学に通う就活生・亮の新場面写真が解禁となった。

【画像】小野花梨演じる繭と仲良く談笑する姿など、そのほかの解禁カット

 新たに解禁された場面写真には、スーツに身を包み、緊張した面持ちで就活に臨む姿や、同じく新聞配達と就活に励む繭(小野花梨)と配達作業をしたり、仲良く談笑する姿など、大学生らしい日常の様子のほか、「栄進学園問題」の記事がふと目に留まった瞬間のカットもある。

 2019年6月に劇場公開された映画『新聞記者』は、近年の政治事件やスキャンダルに正面から切り込んだ衝撃的な内容が話題となり、第43回アカデミー賞の最優秀作品賞を含む主要3部門を獲得したほか、多くの映画賞を受賞した。

 全6話のドラマとしてキャストを一新し、新たな物語を描くNetflix版『新聞記者』もリアルな政治・社会状況とリンクする点は一緒。本作において横浜が演じる亮は、政治には興味も知識もなく、新聞の一面に踊る「栄進学園問題」も遠い世界の出来事だと思っている、市井のキャラクター。そして、藤井監督自身の視線が強く反映されたキャラクターでもある。

 実は、映画『新聞記者』でも市井のキャラクターとして、コンビニ店員を描けないか提案をしていた藤井監督。スケジュールの都合で実現することはできなかったが、今回ドラマ版の監督を引き受ける際に“自身に近い視点を盛り込む”ことを条件として提示、「新聞配達をしながら大学に通う亮。あのキャラクターはほぼ、僕自身です」と言い切るほど、映画版でやり残したことを全6話のドラマで見事描き切った。

 そんな、藤井監督がどうしても描きたかったキャラクター・亮を演じた横浜は、藤井監督の『青の帰り道』(18年)にも出演しており、監督とは10代の頃から公私ともに強い絆で結ばれた関係だ。藤井監督は横浜について、「華やかな役を演じることが多いけれど、素顔の流星は生真面目で実直な人」と評し、自身とものごとの捉え方や感じ方が近い横浜だからこそ、亮を演じてほしいと熱望。「流星の一番の魅力は目だと思うんです。説明せずとも、目に感情が宿るというのは、万国共通する演技の一つ」と絶賛し、「あまり知られていない彼の魅力がすごく引き出せたと思います」と、自信をのぞかせている。

 「亮」という役に込められたのは藤井監督の視点だけではない。実は『青の帰り道』でも“リョウ”を演じた横浜。これは単なる偶然ではなく、自身を投影する役には親友の名前でもあるこの役名を付けるようにしており、藤井監督の並々ならぬ決意がうかがえる。

 さらには、亮が新聞配達をする際にバイクが進む方向にも、こだわりの演出が隠されている。新聞も政治も興味がなく、周りに流されるように就活をしていた物語の前半では坂道を下っているが、あるきっかけで米倉演じる松田記者と出会い、自分の意志で未来を切り拓こうと奮闘するようになってからは、坂道を登っていくショットが映し出される。心情とバイクの進行方向をリンクさせることで、より一層、亮の感情が視覚的に伝わる仕掛けだ。

 今回、市井のキャラクターとして若者の視点が盛り込まれたNetflix版『新聞記者』。同世代の若者たちも“そう遠くない世界”だと感じられるエンターテインメント作品へと昇華させるのに一役買った「亮」の存在、彼に待ち受ける運命に注目だ。

 同作は、今月13日よりNetflixにて全世界独占配信。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ