プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画動員ランキング:『呪術廻戦 0』V2、2位に松本潤『99.9』、10位にバンドリ!初登場

『劇場版 呪術廻戦 0』(公開中)(C)2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社の画像

『劇場版 呪術廻戦 0』(公開中)(C)2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社

 最新の全国映画動員ランキングトップ10(1月1日・2日、興行通信社調べ)が発表され、アニメ『劇場版 呪術廻戦 0』が、土日2日間で動員47万3000人、興行収入6億2000万円をあげ、2週連続で首位を獲得した。1月3日までの累計では早くも動員431万人、興収58億円を突破している。

【画像】10位初登場の『BanG Dream! ぽっぴん’どりーむ!』など

 2位には、土日2日間で動員26万4000人、興収3億3400万円をあげた『99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE』が初登場。累計では動員74万人、興収9億6200万円を突破するヒットスタートとなっている。2016年、18年にTBS日曜劇場で放送され、いずれも高視聴率を記録したドラマシリーズの劇場版。主演の松本潤演じる型破りな弁護士・深山と香川照之演じる敏腕弁護士・佐田の名コンビに加え、新たなヒロインとして杉咲花が参戦。岸部一徳らおなじみのレギュラー陣に、西島秀俊はじめ新たなキャストが加わり、事実を追い求めていく弁護士たちの姿を描く。監督はドラマ版も手掛けた木村ひさし。

 公開から3週目を迎えた『マトリックス レザレクションズ』は、先週の5位から2ランクアップの3位に浮上。累計では動員75万人、興収11億円を突破した。4位は、先週2位でスタートを切った『キングスマン:ファースト・エージェント』。5位は公開から3週目となる『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』で、累計では動員59万人、興収7億円を突破している。

 新作では『BanG Dream! ぽっぴん’どりーむ!』が10位に初登場。キャラクターの声を担当する声優が実際にライブを行うなど、アニメ、ゲーム、リアルライブなどのメディアミックスが展開されているガールズバンドプロジェクト「BanG Dream!(バンドリ!)」の最新劇場版アニメ。声の出演は愛美、大塚紗英、西本りみ他。監督はテレビシリーズで絵コンテやライブパートコンテを担当してきた植高正典が務めている。

 ほか既存作品では、6位の『あなたの番です 劇場版』が累計で動員121万人、興収16億円、9位の『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』が動員127万人、興収40億円を突破している。

■全国映画動員ランキングトップ10(1月1日・2日)
1(1→)劇場版 呪術廻戦 0(公開週2)
2(NEW)99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE(1)
3(5↑)マトリック レザレクションズ(3)
4(2↓)キングスマン:ファースト・エージェント(2)
5(4↓)ボス・ベイビー ファミリー・ミッション(3)
6(3↓)あなたの番です 劇場版(4)
7(6↓)ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(5)
8(7↓)仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ(3)
9(8↓)ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”(6)
10(NEW)BanG Dream! ぽっぴん’どりーむ!(1)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ