プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

米倉涼子、約2年半ぶりに『TOKIOカケル』登場 “旧知の仲”のTOKIOとほろ酔いトーク展開

5日放送の『TOKIOカケル2022新春SP』 に米倉涼子が出演(C)フジテレビの画像

5日放送の『TOKIOカケル2022新春SP』 に米倉涼子が出演(C)フジテレビ

 女優の米倉涼子が、5日放送のフジテレビ系バラエティー番組『TOKIOカケル2022新春SP』(後10:00)に出演する。約2年半ぶりのスペシャル版でお送りする今回のゲストは、菅田将暉に続き、昨年4月に個人事務所を立ち上げた米倉が登場する。

【番組カット】結婚を発表したばかりの菅田将暉も登場!

 TOKIOのメンバーと超一流ゲストが、「友情を育んでいく」をコンセプトに、“お友達”だからこそ聞ける!話せる!力の抜けたぶっちゃけトークや、オリジナル企画を展開していくバラエティー番組。

 約2年半ぶりの出演となる今回は、TOKIOメンバーとは旧知の仲であり、特に松岡昌宏とは20年以上の付き合いということで、4人だけで酒を交わしながらトークがスタートする。TOKIOも同じ4月に会社を設立したこともあり、互いに名刺交換をした時の話など、トークの内容も“会社立ち上げ話”で持ちきりに。人間関係や、お金の話など苦労したことについて、4人で共感し合い、米倉も「やっと一緒の(=同じ立場の)人たちとしゃべっている感じ」と素の一面を見せていく。

 さらに、米倉の恋愛観を知りたいということで、番組おなじみのコーナー「完全に好きアピ警察24時」を開催。このコーナーは、男性刑事が選んだ“男子が女子にされると勘違いしてしまう行動”を女性刑事がクロかシロかで答えていくというもので、女性刑事役には米倉、そして男子刑事役にはTOKIOに加え、A.B.C-Zの河合郁人となにわ男子の大橋和也が参戦する。米倉の独特の恋愛観になかなかクロが出せず男子刑事陣は苦戦するも、河合が考えたとある行動に、大波乱が起きる。

 これにはスタジオも思わず「女優の鎧(よろい)を捨てた!」「女の子の顔だ!」と大盛り上がり。普段見ることができない米倉の貴重な表情にも注目だ。

■米倉涼子コメント

――収録を終えて
「約2年半ぶりに出させていただいたのですが、同窓会みたいで楽しかったですし、久しぶりにセリフではなく、人とトークをしたなぁという気がして、本当に楽しかったです」

――米倉にとってこの番組とは?
「毎年会っている仲間みたいに私は思っているんですけど、逆にみなさんにはこうやって思い出してもらえて、出演させていただきうれしいです」

――見どころは?
「ざっくばらんに思いのまま私はしゃべらせていただいて、とってもエネルギッシュな撮影になりました! 疲れた本当に!(笑)」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ