プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

シバター「久保優太を救たい」“八百長疑惑”の相手にまさかの転身を提案

『RIZIN.33』“八百長疑惑”が騒動となっているシバター (C)ORICON NewS inc.の画像

『RIZIN.33』“八百長疑惑”が騒動となっているシバター (C)ORICON NewS inc.

 昨年の大みそかに開催された格闘技『RIZIN.33』(さいたまスーパーアリーナ)で、久保優太(34)と対戦し勝利したが“八百長疑惑”が騒動となっているYouTuberのシバター(36)が4日、自身のYouTubeチャンネルを更新し「久保優太を救いたい」と題する動画を投稿した。

【問題の試合写真】“八百長疑惑”が騒動となっているシバターVS久保優太

 『RIZIN.33』第6試合で組まれたシバターVS久保の一戦は、試合前に土下座して「手加減してください」と懇願していたシバターが、見事なカウンターパンチをヒットさせ、するどい動きで腕ひしぎ十字固めを決めると、久保のセコンドが試合をストップさせ、シバターが2年連続で勝利を飾った。

 しかし試合後、両者が試合の展開について事前にやり取りしたと見られるLINE画像がTwitterに流出し、“八百長疑惑”が騒ぎになる。久保は、スポンサーやファンのために試合を成立させることを優先し、「強迫観念にかられた」結果、シバターからの八百長の提案を受けたことをYouTubeで告白。「神聖なリングを汚してしまった」と謝罪した。

 この主張に当事者のシバターが反応する動画をアップした。「『1ラウンド目は手を抜いてください、2ラウンド目から本気でいきましょう』っていうあからさま、わかりやすすぎる嘘にだまされて。1ラウンド、手加減してお前負けたらしいな」と指摘し、「そんなの、そのYouTuberがいつも動画や試合で使う常套句じゃないか。まんまと引っかかって負けてるんだよ」と“第三者視点”で語りかけた。

 さらに「負けるだけならいざ知らず、負けた後に『実は台本があった。騙されたんです』と騒いでるらしいな。何やってるんだ、お前が台本があったと発信したら、元K-1王者のお前がその台本を飲んだってことを認めることになるんだぞ。真実は墓場まで持ってくつもりじゃなきゃ。これからどうするんだ、一度台本を飲んだ格闘家、もうどこの団体も使ってくれないぞ。日本の格闘技界全部だ」と呼びかけた。

 そして、「俺から提案がある」と切り出し、「一緒にパチンコ打たないか」「俺がその道を用意してやる」「俺もお前も、格闘技からは足を洗おう」と“パチンコYouTuber”に転身することを持ちかけた。

 一連の騒動にはSNSでも反響が大きくなっている。シバターと久保の両者に「格闘技を汚すな」といった批判はもちろん、「それも含めてシバターの作戦」「シバターを信じた久保さんが正直すぎる」といった声や、「試合直後の久保の納得できない表情の理由がわかった」「久保のセコンドが試合を止めたけど、そこまで話が伝わってなかったってことかな」と納得する声、「RIZINは徹底調査し、二度とこのようなことが起こることのないようにしてほしい」という声もあがっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ