プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

シバターVS久保優太は“八百長”か“陽動作戦”か… 大騒動の経緯を振り返る

“八百長疑惑”が騒動となっている『RIZIN.33』シバター(左)VS久保優太の一戦 (C)ORICON NewS inc.の画像

“八百長疑惑”が騒動となっている『RIZIN.33』シバター(左)VS久保優太の一戦 (C)ORICON NewS inc.

 昨年の大みそかに開催された格闘技『RIZIN.33』(さいたまスーパーアリーナ)で行われた、YouTuberのシバター(36)対K-1元王者の久保優太(34)の一戦が、年を越しても物議を醸している。きっかけは、久保が試合後に暴露した“八百長疑惑”。それぞれが試合後にYouTubeでお互いの主張をぶつけているが、その経緯を振り返る。

【問題の試合写真】“八百長疑惑”が騒動となっているシバターVS久保優太

 試合は『RIZIN.33』第6試合で行われた。1年ぶりのRIZIN参戦となるシバターは、試合前から元K-1王者の久保の打撃に対して恐怖心をあらわにし、自身のYouTubeで「出たくない。戦いたくない。試合は期待しないでください」と自虐発言を連発し、ドタキャンの可能性も示唆。試合前日の公開計量で久保と対面すると、土下座して「手加減してください」と懇願していた。

 

迎えた試合本番、シバターは前年の試合同様にロープを走るパフォーマンスを見せたが、久保の鋭いキックで足を封じられると防戦一方に。それでも見事なカウンターパンチをヒットさせると一気に形勢逆転。体重差を生かしたパンチを効かせると寝技に引き込み、するどい動きで腕ひしぎ十字固めを決めると、久保のセコンドが試合をストップさせ、シバターが2年連続で勝利。「俺が負けると思ってたやつ、ざまぁみろ!YouTuberは強いんだ!」とRIZIN無敗キープを勝ち誇った。

 しかしその後、両者が試合の展開について事前にやり取りしたと見られるLINE画像がTwitterに流出し、“八百長疑惑”が騒ぎになる。元日にシバターはYouTubeの動画で「ハッキリ言いますね。私、シバター、昨日の久保さんとの試合において一切の八百長はしておりません」「スクリーンショットについてですが、全く身に覚えがありません。捏造なんじゃないですか」と疑惑を否定した。

 翌2日、久保は親交のある“青汁王子”こと三崎優太のYouTubeライブ配信に電話出演し、三崎から「八百長はあった?」と聞かれると、「八百長というか台本を持ちかけられた」と告白。シバターからインスタのDMで「顔に打撃を受けると体がしびれる」ため試合を棄権すると伝えられ、その後に電話で「1ラウンドは顔を殴らないで、蹴りはいい」「それをのんでもらえないなら、辞退します」と持ちかけたという。

 

久保は、シバター戦の前に話があった試合が消滅しており、自身のスポンサーがすでに動いている、チケットを買ってくれているファンがいる、妻のサラが入場パフォーマンスの練習をしていることなどから、なんとしても試合を実現させるために、シバターの要求を受けれる決断をしたと語った。また、シバターが娘や妻など家族の話を出されたことで「僕の中で、ちょっと揺さぶられてしまったというのがあった」と吐露し、試合前日に流出した「1ラウンドは流し、2ラウンドに台本なしの真剣勝負」というLINEが送られてきたことを明かした。

 続けて、3日の深夜に久保は自身のYouTubeに「大晦日、久保優太の真相をお聴きください。」と題した動画を公開。「今回、RIZINの大みそかの八百長疑惑についてこのような騒ぎになってしまって本当に申し訳ございません」と謝罪した。

 詳細は今後説明するとしながら、「今回、情けない話ではあるんですけど、シバターさんの陽動作戦というか…。SNSというか、直接のお電話とかを通じて、自分自身が100%の気持ちを作れずにリングに上がってしまったのが原因だと思っています」と敗因を分析。試合に至った経緯を改めて説明し、「強迫観念にかられた」と語った。

 今回の試合は「RIZINは関係なく、自分とシバターさんの間であったこと」と主張し、「神聖なリングを汚してしまったという葛藤もあった」「自分自身、再びリングに立っていいのか、立つ資格があるのか、それを含めてきちんともう一度しっかりと考え直したいと思っています」と反省と謝罪を繰り返した。

 一連の騒動にはSNSでも反響が大きくなっている。シバターと久保の両者に「格闘技を汚すな」といった批判はもちろん、「それも含めてシバターの作戦」「シバターを信じた久保さんが正直すぎる」といった声や、「試合直後の久保の納得できない表情の理由がわかった」「久保のセコンドが試合を止めたけど、そこまで話が伝わってなかったってことかな」と納得する声、「RIZINは徹底調査し、二度とこのようなことが起こることのないようにしてほしい」という声もあがっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ