プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

片岡愛之助、『仕掛人・藤枝梅安』豊川悦司の相棒“彦次郎”に決定

映画『仕掛人・藤枝梅安』(2023年春公開)彦次郎役に片岡愛之助が決定の画像

映画『仕掛人・藤枝梅安』(2023年春公開)彦次郎役に片岡愛之助が決定

 有料放送チャンネル「時代劇専門チャンネル」を運営する日本映画放送は3日、映画『仕掛人・藤枝梅安』(第一作・第二作、2023年春公開)に豊川悦司扮する藤枝梅安の相棒として登場する彦次郎役に片岡愛之助を起用することを発表した。愛之助は「撮影はこれから3ヶ月という長期にわたりますが、非常に楽しみです。どんな空間でどんな毎日が送れるのか」と、豊川と共演する喜びと意気込みを語っている。

【動画】意気込みを語る片岡愛之助

 本作は、2023年に生誕100年を迎える時代小説家・池波正太郎の時代小説が原作。江戸の闇の世界をテーマに、人の命を救う「鍼医」と、殺しを請け負う「仕掛人」という二つの顔を持つ藤枝梅安の活躍を描いたハードボイルド作品。「鬼平犯科帳」「剣客商売」と並んで池波の“三大シリーズ”に数えられ、長年にわたって多くの読者に支持されてきた。たびたび映像化もされており、今回は、昨年春に行われた製作発表記者会見で、藤枝梅安役で豊川が主演することが発表されていた。

 新たな彦次郎を演じることになった愛之助は、その端正な面差しと爽やかな口跡、明朗な個性と、旺盛なサービス精神、伝統を継承しながら新作にも次々取り組む花形歌舞伎俳優として歌舞伎の今を担う一人。テレビドラマや映画など映像でも活躍している。

 愛之助扮する彦次郎は、表の顔は楊枝づくりの職人として暮らしながら、裏では吹矢を得意とする凄腕の仕掛人。かつては百姓として暮らしていたが、あることをきっかけに妻と子供を亡くし、仕掛人稼業に足を踏み入れることになる悲しい過去を持った男。梅安と仕掛けを共にすることも多く、梅安にとって心を許せる数少ない人物となる。

 梅安と彦次郎。時代劇史に残る名バディを、豊川と愛之助が一体どのように魅せてくれるのか。新たな『梅安』は2023年春第一作、第二作を連続して公開予定。

■片岡愛之助(彦次郎 役)のコメント
 主演の藤枝梅安役を豊川さんが演じられるということは存じ上げていたので、出演のお話をいただいたときは、ご一緒させていただけるんだと、とにかくうれしかったです。何をおいても、絶対にこのお仕事をさせていただきたいと思いました。

 梅安と彦次郎は、表では普通の生活を営みながら、裏では仕掛人として裏の世界に通じていて、いろいろなものをその身に背負いながら立ち向かっています。二人はそれぞれに悲しい過去を持っていて、常にどこか一本の糸でつながっているような、どこか信頼感のようなものでつながっている二人だと思います。これまでの彦次郎は、梅安より年上の方が演じられることが多かったのですが、私は豊川さんより年下なので、どんな組み合わせ、そしてどんなバディになれるのか、私自身期待しております。

 撮影はこれから3ヶ月という長期にわたりますが、非常に楽しみです。どんな空間でどんな毎日が送れるのか。歌舞伎役者としての私が生まれた京都という地で、私が大好きな時代劇ができるということが本当にうれしい。とてもワクワクしています。公開は少し先ですが、皆様も是非、ご期待ください。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ