プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

新作歌舞伎『プペル~天明の護美人間』が開幕 歌舞伎の手法をふんだんに取り入れ

『プペル~天明の護美人間~』(左から)プペル=市川海老蔵、はる=市川ぼたん(C)松竹の画像

『プペル~天明の護美人間~』(左から)プペル=市川海老蔵、はる=市川ぼたん(C)松竹

 新作歌舞伎『プペル~天明の護美人間』が3日、東京・新橋演舞場で初日公演が行われた。

【写真】船の上で熊八(海老蔵)と再会するはる(ぼたん)

 市川海老蔵、市川ぼたん、堀越勸玄の親子3人が共演。原作は、キングコング・西野亮廣による絵本『えんとつ町のプペル』。ゴミ人間プペルと、父が遺した言葉を信じる少年ルビッチが、お互いの友情を信じ、新たな世界に飛び出してゆく奇跡のファンタジー物語。歌舞伎として舞台化するにあたっては、原作の西野自らが脚本を担当している。主人公のプペル役ほか4役を海老蔵が、市川ぼたんと堀越勸玄はプペルのともだち・はるを交互出演で務める。「荒事」「だんまり」「ぶっ返り」「立廻り」など歌舞伎特有の手法がたっぷり盛り込まれ、新たな歌舞伎作品として生み出された作品となっている。

 時は江戸時代、黒い煙が立ち込める江戸の町。大きな拍手とともに花道へ登場したのははるの父・熊八(海老蔵)。何者かに斬り殺されてしまい花道スッポンに引っ込んだ海老蔵は、あっという間に2役目の心臓として舞台中央より再登場。赤と青のふん装で登場した海老蔵に会場は湧き上がった。続く大きな龍たちとの立廻りでは、心臓の鼓動を表現した和太鼓を海老蔵が打ち鳴らし、会場を一気に歌舞伎の世界へ誘う。

 その後、場面は一転し盆踊りで賑わう江戸の町へ。舞台中央ののれんから顔をのぞかせたはる(初日公演は市川ぼたん)に、場内から歓声とともに一層大きな拍手が送られた。続いて、はるに手を引かれるように護美人間プペル(海老蔵)が登場すると劇場はさらに盛り上がる。 プペルとはるが屋根に上り、星の存在を語る場面では、海老蔵とぼたん2人きりの心温まる掛け合いに拍手が起こった。

 熊八と心臓の他に主人公プペルと、人々を支配しようと目論む田沼意次という4役を勤める海老蔵。本作の見どころの1つでもある「早替り」では、次々と替わって魅せる海老蔵に客席から大きなどよめきと歓声があがった。

 はるが大人たちに「星はある」と強く訴える本作の山場では、舞台上の息遣いすら聞こえてきそうなほど張り詰めた空気となり、観客たちも固唾を飲んで見守る。空飛ぶ船に乗り、父・熊八と再会し抱き合う場面では、涙する観客も。信じる心と親子の絆が描かれた作品のクライマックスシーンに、鳴りやまない拍手が送られた。

 最後には出演者によるカーテンコールが4回行われ、スタンディングオベーションの中、幕が閉じた。交互出演の堀越勸玄は、あす4日の12時開演の部で初日を迎える。

 『プペル~天明の護美人間~』は20日まで。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ