プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

中川翔子、現在の病状を説明 気道狭窄は回復傾向も「顔にも赤みが、、」 アナフィラキシーで入院中

中川翔子 (C)ORICON NewS inc.の画像

中川翔子 (C)ORICON NewS inc.

 タレントの中川翔子が2日、自身のツイッターを更新。きのう1日にアナフィラキシーの症状で入院したことを報告していたが、現在の状況を説明した。

【写真】腫れて赤くなった肌を公開した中川翔子

 きのう1日に中川は「喉腫れて苦しくて全身かゆく病院きたらアナフィラキシーで、肝臓機能低下?もあるからと今日入院になりました、元旦から入院なんて初めて」と伝えていた。

 この日は赤くなった肌の写真をそえながら「むー アナフィラキシー。薬がきれるとかゆくなり、かゆみは移動してく感じです 顔にも赤みが、、」と、まだ症状がつらいという。それでも「一番怖かった喉が腫れ苦しくなる気道狭窄はすこしマシになりました」と回復の兆しはあるという。最後は「夜の病院の廊下ミステリアスすぎて怖かったです」と報告していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ