プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

「今が一番“元気ハツラツ”」奇跡の90歳・大村崑、筋トレに励み妻を愛する日々「目標は102歳で“赤い霊柩車”に乗る」

筋トレによって「元気ハツラツ!」な大村崑の画像

筋トレによって「元気ハツラツ!」な大村崑

 かつて、『オロナミンC』のCM「元気ハツラツ!」で一世を風靡した喜劇俳優・大村崑。現在、御年90歳ながら、86歳から始めた筋トレに励むなど、「今が一番健康」と豪語する。そんな大村も、もともとは虚弱体質で大病も患い、40歳まで生きられないと医師から言われていた。そんな彼がなぜここまで元気にいられるのか。まったく同じ生年月日だったという故・いかりや長介さんへの思い、かつての芸能界の様子、そして元気の源の一つでもある愛妻についても語った。

【写真】「まるで別人!」86歳→90歳、筋トレ前後で驚きの変化…貴重な若かりし頃の秘蔵写真も

■虚弱体質、右肺切除…「まったく“元気ハツラツ”じゃない」大村が吹っ切れて喜劇の道へ

 現在でも『オロナミンC』のキャッチフレーズとして使われている「元気ハツラツ!」。その元祖と言えるのが、1960年代から流れた喜劇役者・大村崑によるCMだろう。今も古い町並みが残る地域では、大村が描かれた「元気ハツラツ! オロナミンC」のホーロー看板を見ることがあるかもしれない。大村は現在、御年90歳にして現役バリバリで、近年はNHK大河ドラマ『西郷どん』(2018年)などで活躍。山村美沙ミステリー『赤い霊柩車』シリーズ(フジテレビ系)は、2022年に30年目に突入する。

 86歳からはなんと筋トレに励み、体力年齢は驚きの50代。その”元気ハツラツ”なヒケツを明かしたエッセイ本『崑ちゃん90歳 今が一番、健康です!』(青春出版社)も発表している。

 「実は、あの看板の写真を撮った当時はまったく”元気ハツラツ”じゃなかったんです。顔はいつも土気色で、だけどそれじゃCMキャラクターとしてウソやで、と思われてしまう。だから目の下とかほっぺたとかに、薄く紅を塗ってたんですよ」

 そう明かす大村は、生まれつき虚弱体質で、尋常小学校の2年間を養護学級で過ごしたほど。小1のときに左目にボールが当たり弱視に、小3で難聴に、20歳になる直前には結核を患い、右肺を切除するという満身創痍ぶりだ。

 「医者から『あんたは40歳まで生きられないだろう』って言われてました。だったら好きな喜劇で大いに暴れてやろうと、逆に吹っ切れたんです」

 大阪・梅田の喜劇舞台でデビュー。その後、テレビに進出すると、とぼけた芸風でたちまち人気者に。大阪(上方)の笑いを全国に知らしめるきっかけを作った1人でもある。

 「当時、大阪と東京の喜劇人はものすごく仲が悪くてね。こっちが東京に乗り込んでいくと、『闇夜には気を付けろよ』なんて電話が滞在先のホテルにかかってくるほどバチバチやってたんですよ」

 そんな中でも不思議とウマが合ったのが、故・いかりや長介さん(2004年3月20日・72歳没)だ。

 「ドリフターズの楽屋にもよく遊びに行って、まだ付き人だった志村けんさんがお茶を出してくれたのをよく覚えてますよ。そんなある日、いかりやさんから『崑ちゃん、昭和6年11月1日生まれって本当か?』って電話がかかってきた。『うん、そうや』『俺もだよ』って。なんと誕生日がまったく同じだったんです。じゃあどっちが先に生まれたか、親に確認してみようってなって。どうも僕は早朝、彼は夕方に生まれたらしい。それから彼は僕のことお兄ちゃんって呼んでくれるようになったんです。葬儀のときは泣きましたね。寂しかった」。

■86歳で一念発起してジムへ、教えてくれるのは60歳も年下

 芸能界の多くの仲間を見送ってきた大村だが、もともと自身も虚弱体質。もっとも忙しいときでレギュラーが週に9本、しかも当時はドラマもすべて生放送という殺人的なスケジュールをこなす中、58歳のときには大腸ガンの切除手術をしている。

 「それでも童顔のせいか、いつも年齢より若く見られてたんですよ。ところがあるとき寝起きに鏡を見たら背中は丸まってる、皮膚もシワシワ。寝ぼけながら『どこのご老人かな?』とよくよく見たら僕だった」

 それが86歳のときのこと。年齢からすれば順当かもしれないが──。

 「決定打は(妻)瑤子さんとジーンズを買いに行ったとき。瑤子さんはおしゃれな人やからね、ポコーンと突き出た僕のお腹を見て『もうええわ』と店を出てスタスタ。瑤子さん、おいてかんといてーって追いかけたけど、情けないことに僕はヨタヨタ歩き。それから少し経った頃に瑤子さんが誘ってきたんです。『一緒にジムに行かへん? お腹へっこまそう』って」

 嫌々ながらも引っ張られるようにジムへ。親交の深い梅沢富美男が”コミット”したことも決め手になった。

 「最初はスクワットすらまともにできませんでした。それが3回できるようになり、5回、10回──。今では15回を3セットやってます。しかも『大村さんのスクワットは美しいですね』なんて褒めてもらえるからうれしくなっちゃって(笑)。ジムでは”スクワットの崑ちゃん”って呼ばれてるんですよ」

 トレーナーは60歳も年下の男性。

 「ごっつうムキムキのスーパーマンみたいな大男でね。最初は『86歳にもなって手取り足取り教えてもらえるかい』と思ってたんですよ。芝居は人に教えてもらうもんじゃない、目で見て盗めってずっと言われてきましたから。しかもこの年齢になると、本当に誰も教えてくれなくなりますよ。だけどそのスーパーマンは、『大村さん、もっと深くいきましょう』『まだいけます、大丈夫です』。俺を殺す気か! と思いつつも、確信に満ちた清々しい声にすっかりその気にさせられてしまいましたね」

 90歳になった現在も週2回ジムへ。ピンと伸びた背筋に引き締まった体、たくましい二の腕からはその年齢が信じられない。

 「筋肉がついて血行が良くなったんでしょうね。長年悩まされた肩こりも冷え性もすっかり治って、何よりうれしかったのが瑤子さんと歩調を合わせて歩けるようになったこと。ある日歩いてるときにふと手が触れたので、そのまま手を握ったんです。何十年ぶりでしたかね、手を繋いで歩くなんて。そしたら瑤子さん『あたたかい』って。当たり前やん、冷たかったらえらいこっちゃです」

 結婚62年目。大村を一躍有名にした、あの「元気ハツラツ」CMのきっかけとなったのも“遥子さん”だった。

 「当時、僕がやってたオロナイン軟膏のCMを(『おちょやん』のモデルになった)浪花千栄子さんに変えるって大塚製薬に言われたんです。その代わりにオロナミンCをやってくれと。だけど僕はヘソを曲げてたから、『やりません』と突っぱねようとしてた。そこへすかさず瑤子さんが『やらせていただきます』って。どうやら隣でしっかりギャラのゼロを数えてたみたいです(笑)」

 円満の秘訣は「奥さんには逆らわないこと」。そのラブラブぶりも健康に大いに役立っているのだろう。

 「10も20も若い奥さんをもらう人もいるけど、6歳も違えば僕からしたら可愛い女の子みたいなもの。だから何を言われても腹が立たない。なのに、ときどき『私が先に逝くかもしれないわよ』なんて言うんです。そのとき家事に困らないようにと、お皿洗いが僕の担当になった。それからもう20年。1回ワイングラスを割ったくらいで、上手なもんですよ」

 今の目標は100歳まで役者をやること。

 「そして102歳まで生きて、“赤い霊柩車”に乗せてもらう。あれはドラマのセットじゃなくて、北陸とか北海道に実在するものなんですよ。僕が赤い霊柩車に乗ったら、やっぱり絵になるでしょ(笑)」

(文:児玉澄子)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ