プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『相棒20』水谷豊&反町隆史、2人で挑む最後の元日スペシャル 亘の美しき姉が初登場 

杉下右京(水谷豊)、冠城亘(反町隆史)=『相棒season20』元日スペシャル(1月1日放送)より (C)テレビ朝日の画像

杉下右京(水谷豊)、冠城亘(反町隆史)=『相棒season20』元日スペシャル(1月1日放送)より (C)テレビ朝日

 俳優の水谷豊、反町隆史のコンビによるテレビ朝日系人気ドラマ『相棒 season20』元日スペシャル「二人」が今夜(後9:00~11:15)放送される。反町演じる亘が今シーズン最終話をもって卒業することになり、右京と亘の2人で挑む元日スペシャルはこれがラスト。本作に初登場する亘の美しき姉・冠城由梨(飯島直子)にも注目だ。

【動画】水谷豊&反町隆史、ORICON NEWS独占コメント

 年の瀬――年末年始の当番勤務のため登庁していた特命係の杉下右京(水谷)と冠城亘(反町)。その間、何度も亘の携帯電話が鳴るものの、なぜか本人は出ようとしない。やがて観念した表情を浮かべた亘が「折り入って紹介したい人がいる」と切り出したため、右京は驚く。

 てっきり婚約者に引き合わされるものと思って緊張していた右京だが、亘に連れて行かれた先は教会で、待っていた美しい女性は亘の姉・由梨(飯島)だった。ピアノ教師として働きながら教会でボランティア活動を行っているという由梨は昨晩、保護した高齢男性について相談があって亘に連絡したと話す。

 由梨によると前夜、公園を通りかかった小学6年生の男の子・早瀬新(西山蓮都)と峰岸聡(川口和空)が、泥だらけで座り込んでいる男性を発見し、教会に連れてきたという。男性は頭部にケガをしており、「湊健雄」(イッセー尾形)と名乗ったもののそれ以外は覚えていない様子で、脳しんとうの衝撃による記憶喪失と診断されたらしい。

 右京と亘は発見時、湊が上質なスラックスにくたびれたスニーカーを履いていたことを聞き、そのアンバランスな服装に疑念を抱く。また、湊と遭遇した夜、新はスマートフォンを紛失し聡とともに公園で捜していたこともわかるが、2人がそれを大人たちにひた隠していることを不審に思う。

 右京たちはさっそく湊の素性を調べはじめるが、その矢先、新が“ある頼みごと”を持ちかけた由梨のボランティア仲間が遺体となって発見され、事態は思いがけない方向に…。

 その後も、複雑に絡み合う謎をひとつひとつ紐解いていく特命係。やがて、事件を結ぶ細く黒い糸は与党政調会長・袴田茂昭(片岡孝太郎)へとつながっていき…!? はたして黒幕は誰なのか、そして湊は何者なのか、すべてを暴くため右京は危険な賭けに出る。

 今回は「二人」というタイトルが表すように、秘密を共有する親友同士の《新×聡》、世代を超えて奇妙な友情で結ばれていく《湊×新》、二人きりの姉弟である《亘×由梨》ら、さまざまな“二人” の感情と思惑が入り乱れながら物語を形作っていく。もちろん、7年を超えてタッグを組んできた《右京×亘》の絆も、色濃く映し出されていく。

 動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、「相棒」過去全シーズン&スペシャルドラマに加え、劇場版、スピンオフも配信中。

https://navi.telasa.jp/aibou/

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ