プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

米倉涼子『CHICAGO』で日本人初4度目ブロードウェイ主演「好奇心が消えたら終わり」 25周年記念飾る

ミュージカル『CHICAGO』で主演を務める米倉涼子(C)Junji Ishiguroの画像

ミュージカル『CHICAGO』で主演を務める米倉涼子(C)Junji Ishiguro

 女優の米倉涼子(46)が2022年秋、4度目となる『CHICAGO』ロキシー・ハート役で米ブロードウェイの舞台に主演することが決定した。日本人俳優の4度目のブロードウェイ主演は過去に例がなく、同作の(リバイバル後)25周年アニバーサリーを米倉のロキシーが華々しく飾ることとなった。来年11月にブロードウェイのアンバサダー劇場で上演され、同年12月に東京国際フォーラム ホールCで日本凱旋公演が行われる。

【写真】ダンサーのスキルも磨き…ロキシー役を演じる米倉涼子

 『CHICAGO』は、禁酒法時代1920年代のシカゴを舞台に女性殺人犯の裁判とメディアの扱いを巡り、コミカルかつドラマチックに描いたメガヒット・ミュージカル。「オール・ザット・ジャズ」など名曲揃いのミュージカル・ナンバーと、鬼才ボブ・フォッシーの振付を体現するセクシーな衣装に身を包んだ超一流のダンサーたちは、世界中の観客を魅了している。

 ブロードウェイ初演は1975年。1977年まで、936公演が上演された。その後、1996年にブロードウェイで再演(リバイバル)の幕が上がり、現在に至るまでリバイバル公演として史上最長記録を更新中。米倉はブロードウェイデビューを飾った2012年、2017年の20周年アニバーサリー、2019年と、3回ブロードウェイでロキシーを演じてきた。

 4度目の『CHICAGO』主演にあたり、米倉がコメントを寄せた。
 

──4度目のブロードウェイ出演が決まっての率直な思いは?

まず、「本当にやれるのか」と自分に問いかけをしました。ドラマに打ち込んでいるときは運動らしい運動ができません。ダンサーとしてのスキルを整えられる環境にいないので、普段からブロードウェイに立っているみなさんと同じようにできるのか、と。

30代のときは体も動いたし、やりたい、やってやるという熱意で乗り越えてきました。でも改めて今回やれるのならやりたいと、出演を決めました。何より、私のなかで、好奇心が消えたら終わりだと思っています。挑戦しないわけにはいきません。

──米倉さんにとって、作品『CHICAGO』とは?

私の理想に近いミュージカル。人間にはいろいろな部分があります。かわいらしさ、悲しさ、憂い、鋭さ──、そんな相反するキャラクターがひとりの人間に同居していますが、この作品はそんな部分が描かれていて、そこにとても魅かれます。また、ロキシーの、もっと上に立ちたい、どうにかして生きてやるという思いは、私ともリンクします。隣の芝が青く見えるところも似ているかな(笑)。

見かけは(もうひとりの主人公の)ヴェルマのほうがかっこいいし、私も最初に観たときにいちばん目を奪われたのは彼女の登場シーンでした。でもロキシーは途中から出てきて、奪っていくから楽しいんです(笑)。私とは切っても切り離せない、いちばん誇りに思っている役かもしれません。ロキシーを演じ始めた頃は、チャーミング、チャーミングと言い聞かせながら作っていきましたが、もうだいぶ時間も経っているので、そういうところを少しそぎ落とし、大人のロキシーを作っていきたいです。

──2022 年はビッグイヤーになりそうですね?
好奇心が消えたら終わりだと思っています。個人事務所「Desafio(デサフィオ)」の名のとおり「挑戦する」ということを大事にしたいです。2022年1月13日から全世界同時配信で、Netflix オリジナルシリーズ『新聞記者』に初めて主演します。2022年も新しい挑戦をしたいと思っています。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ