プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

『ジャニーズカウントダウン』2年ぶり生中継 嵐・相葉雅紀『VS魂』チーム&“国民投票”結果も発表

年越しライブ『ジャニーズカウントダウン 2021→2022』が開催(C)フジテレビの画像

年越しライブ『ジャニーズカウントダウン 2021→2022』が開催(C)フジテレビ

 ジャニーズ事務所所属アーティストによる年越しライブ『ジャニーズカウントダウン2021→2022』が、12月31日にフジテレビ系で生放送された。昨年は新型コロナウイルスの影響で実施することができなかったが2年ぶりに東京ドームからの生中継が復活。ジャニーズグループが一同に会して夢の競演を果たした。

【動画】司会・KinKi Kidsほかジャニーズファミリーからのメッセージ

 トップバッターは昨年11月12日にCDデビューしたなにわ男子で「初心LOVE」を披露。続いてSnow Man、Sexy Zone、KAT-TUN、SixTONES、A.B.C-ZがジャニーズJr.のHiHi Jetsと、King & Princeが美 少年と、Hey! Say! JUMPがTravis Japanを従えながら、Kis-My-Ft2、NEWS、ジャニーズWEST、関ジャニ∞がヒット曲でつないでいく。ラストはふぉ~ゆ~をバックダンサーにKinKi Kidsが「硝子の少年」を熱唱した。

 全員でのカウントダウンの後は、他グループのヒット曲をカバーする“グループチェンジメドレー”。KinKi KidsがV6の「over」を披露する際、堂本剛が自分のTシャツに描かれたV6の姿をアピールする場面も。ジャニーズWESTはAぇ!groupと「チャンカパーナ」とワチャワチャ全開で、関ジャニ∞は光GENJIの「STAR LIGHT」を手作り感あふれる“すべらない”ローラースケートで新年早々、盛り上げた。

 サプライズで、嵐・相葉雅紀率いる『VS魂』チーム(相葉、風間俊介、佐藤勝利(Sexy Zone)、藤井流星(ジャニーズWEST)、岸優太(King & Prince)、浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)の6人も登場。主題歌「New Again! Again and Again!」を熱唱し相葉は「この景色を見れるとは思ってなかった」と感無量の様子。

、今年、15周年を迎えるHey! Say! JUMP、10周年を迎えるA.B.C-Z、デビュー25周年を迎えるKinKi Kidによるがアニバーサリーメドレーの後は、特別企画として、国民投票『ジャニーズ初夢ユニット』を発表。“王子様”“元気”“セクシー”だと思うジャニーズメンバーを各1人ずつ投票してもらい、それぞれの部門で上位にランクインしたメンバー5人によるコラボステージを展開することになった。

 “セクシー”には5位・亀梨和也(KAT-TUN)、4位・菊池風磨(Sexy Zone)、3位・松村北斗(SixTONES)、2位・中島健人(Sexy Zone)、1位・目黒蓮(Snow Man)が選ばれ「One LOVE」(嵐)を披露。続いて“元気”の第5位・重岡大毅(ジャニーズWEST)、4位・岸優太(King & Prince)、3位・森本慎太郎(SixTONES)、2位・佐久間大介(Snow Man)、1位・大橋和也(なにわ男子)に決定。はちまきとハッピで「スシ食いねェ!」(シブがき隊)をパワフルに歌い上げる。

 “王子様”は5位・堂本光一(KinKi Kids)、4位・京本大我(SixTONES)、3位・平野紫耀(King & Prince)、2位・山田涼介(Hey! Say! JUMP)、1位・道枝駿佑が王座に座って登場しながら「ダイナマイト」(SMAP)を王道感たっぷりに披露した。最後にトラの全身タイツをまとった増田貴久を中心とした今年の歳男『トラっ子ナイン!』らも登場。全グループが集合しV6の「WAになっておどろう」で一つになって、その場を締めくくっていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ