プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

バナナマン、年越し特番出演で生ラジオ間に合わず ハライチ澤部とヒコロヒーが代打

バナナマン (C)ORICON NewS inc.の画像

バナナマン (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・バナナマンがパーソナリティーを務めるTBSラジオ『金曜JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金曜 深1:00)が、1日に放送。直前まで日本テレビ系『笑って年越したい!笑う大晦日』に出演していたために、冒頭間に合わず、前番組を担当していたハライチ・澤部佑とヒコロヒーの2人が担当した。

【写真】新ネタの漫才を全力で披露するハライチ

 冒頭、ラジオ好きのヒコロヒーは「ちょっと大興奮しています。初めてラジオをやる若い人が『すごいですねー』みたいなことを言っている尺、めちゃくちゃ嫌なんですよ」と笑いを交えながらコメント。スタートから4分ほどが経過したところで、設楽統が到着し「間に合わなかった。こんなことってあるんだね。こんな時に生放送をやると思ってなかったから」と笑いを交えて話していた。3人で、BEGIN「島人ぬ宝」を歌い終わった後、1時13分頃に、日村勇紀も到着した。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ