プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

受験生限定、遠隔でのPCR検査を通常価格の1/3で特別提供

健康観察アプリ『リーバー』の画像

健康観察アプリ『リーバー』

 オミクロン株の感染が徐々に広まり、不安を感じている受験生、その関係者は多いだろう。株式会社リーバーは、グループ会社である医療法人AGRIEと連携し、受験生が安心・安全に受験できる環境を支援するため、健康観察アプリ『リーバー』を導入している全国の学校に、遠隔でも実施できるPCR検査を1,100円(税込)で提供する。

【意識調査】コロナ感染者数減でもマスク着用必須“7割” 一方でマスク着用が“慣れ”から“依存”へ

 28日に文部科学省は、令和4年度大学入学者選抜に係る新型コロナウイルス感染症に対応した試験実施のガイドラインの改訂について、全国の教育委員会などに通知。本ガイドラインには、オミクロン株の感染者の濃厚接触者の受験についての対応などを明記。感染症対策が強化される一方で、全国各地で市中感染が広がりを見せており、受験生の不安が高まってる。これらを受け、株式会社リーバーと医療法人AGRIEは、受験生が安心・安全に受験できる環境を支援するため、遠隔でのPCR検査を提供することを決めた。

 株式会社リーバーが医療機関と連携して行うPCR検査は、検体を自宅で採取後、検査センターへ郵送。結果に関してはメールもしくは健康観察アプリ『リーバー』を通じて提供。これにより、受験日前後2週間の体温・体調記録。そしてPCR検査の結果をメールやアプリを通じて確認することができる。

 販売価格は1,100円(税込・郵送料込)、2022年2月28日まで、100校限定。
※遠隔PCR検査は定価3,300円(税込・郵送料込)。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ