プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

梶裕貴、声優人生の原点? 8歳時の音読動画公開で反響「宿題レベルじゃない音読」「すごい!」

梶裕貴 (C)ORICON NewS inc.の画像

梶裕貴 (C)ORICON NewS inc.

 人気声優の梶裕貴が31日、自身のツイッターを更新し、約28年前となる小学2年生時の音読動画を公開した。

【動画】宿題レベルじゃない美声!28年前…教科書音読する小2の梶裕貴

 梶は先日「こども新聞」に掲載されたインタビューで、印象に残っている小学校の授業について「国語の教科書に載っている物語『アレクサンダとぜんまいねずみ』を家で音読してくる宿題が出された時のことです」「教科書を開いて、声を出して読んでいたら、それを聞いていた母親がほめてくれたのです。読むことが初めて評価され、うれしかったです。授業でも、みんなの前で自信を持って音読することができました」とのエピソードを告白していた。

 これを見た梶の母が、当時の動画を送ってきたそうで、ツイッターでは「こども新聞を読んで、母が動画を送ってきてくれました。記事内にある『アレクサンダとぜんまいねずみ」音読の宿題中の様子。1994年1月20日。8才4ヶ月。今から約28年前。小学校2年生。
もしかしたら、僕の声優人生の原点かもしれない? 思い出を残してくれていた母に感謝です」と振り返った。

 動画では、丁寧にハキハキと音読、時折見せるカメラ目線の姿を見ることができ、ファンは「すごくハキハキと読まれていて、褒められたというのも納得です…!」「お宝動画!」「梶少年~~っ! か、かわいいっ! そして宿題レベルじゃない音読…トップ声優になったのは努力かもしれませんが…この頃から既に才能が」「子どもの頃から音読お上手ですね!」「動画で思い出を残して下さっていたお母様、すてきですね」「カメラ目線になるのかわいいです」「2年生でこんなに感情込めて、声も顔も表情が変わってて、ハキハキと読めるってすごい!」などと反応している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ