プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

木村拓哉、さんまの前で作詞曲を熱唱「今から俺の歌にさせていただきます!」 『さんタク』でテレビ初公開

1日放送『さんタク』に出演する明石家さんま、木村拓哉 (C)フジテレビの画像

1日放送『さんタク』に出演する明石家さんま、木村拓哉 (C)フジテレビ

 お笑いタレント・明石家さんまと、木村拓哉による1月1日放送のフジテレビ系正月恒例の特番『さんタク』(後4:00)。さんまと木村の二人が、有言即実行をモットーにあらゆることに挑戦する同番組では今回、スタジオライブで、さんまとBEGINが作詞を手がけ、木村の2ndアルバム『Next Destination』(1月19日発売)に収録される楽曲「Born ready」をテレビで初公開する。それに先がけ、歌収録の裏側リポートが到着した。

【動画】明石家さんま×木村拓哉からメッセージ到着

 本番当日、スタッフや木村のバンドメンバーによる入念な事前リハーサルが終わった後、木村本人がスタッフの集まるスタジオに登場してカメラリハーサル(カメリハ)へ。スタジオが緊張感に包まれ、静まり返ると、男性ADがスタートまでのカウントダウンをかんでしまう場面も。木村は笑いながら「ずるくね(笑)?」とツッコみ、彼をリラックスさせる優しさも。木村は楽しそうに「それでは、(カウントダウンを)改めてどうぞ!」と“逆指示”を出して現場を和ませた。

 1回目のカメリハが始まると、木村がシャウトを出しながら力強く歌うその姿にスタジオ中が圧倒され、歌唱を終えた木村も息を弾ませるほどの本気を見せる。2回目のカメリハでは、木村は歌唱エリアから出てカメラにギリギリまで近づいてアピールしたり、間奏で自由に踊ったりと、そのパフォーマンスに大きな拍手が起こった。

 カメリハを終え、さんま&木村が二人そろってふたたびスタジオに登場すると、スタッフから本番の進行について説明が。木村が歌唱中、さんまはスタジオに用意された特設の「作詞者席」に座って歌収録を見守っていくという。今回の歌収録は局内ということもあり、当日のスタジオは音楽番組と同様の本格的なセッティングに。驚いた様子でスタジオを見つめていたさんまが「なんかお前ら、丁寧に撮ろうとしているなぁ」とつぶやいて笑いを誘った。

 ディレクターから、歌終わりには二人による『今年もよろしく!』で締めることが説明されると、さんまは「演奏が終わったら、俺が(スタジオ中央に)入っていけばいいの?」と質問。すると、なぜかディレクターは動揺しながら「木村さんに委ねています…はい(笑)」と返し、木村も「ちょっと…考えます」と濁しながらも笑顔。実は木村は、歌の終盤でさんまには内緒で“あること”をやろうと計画していた。

 そして、いよいよ“一発撮り”の収録へ。さんまが「作詞を担当したといっても、歌われちゃうとその曲は歌手のものになる。だから、この曲はもうあなたのものなんです」と木村を見つめながら話すと、木村は「今から俺の歌にさせていただきます!」と意気込み。木村の「Are you ready?…This is “Born ready”!」の呼びかけでスタジオの熱気が一気に高まり、歌本番がスタート。

 木村は情熱的に熱唱し、カメリハでは見せなかったアドリブも披露する。その姿を見守るさんまは、手かげた歌詞を口ずさみながらうれしそうな表情に。歌い切った木村に、さんまは「すごい…」と大感激。本番後には、モニターを見ながら映像をプレイバック。さんま&木村は、自身たちが終盤で見せた“あるシーン”を楽しそうに見つめ、互いに顔を見合わせて満面の笑みを見せていた。さんまとBEGINが共作で手がけた歌詞の全ぼうにも注目だ。

 そのほか、番組では「Born ready」の歌詞を体現したロケに挑戦。ボウリングなどの同時成功チャレンジや、“バレずに初詣”、お座敷遊び初体験といった企画に臨む。また12月24日に公開された“クリスマスメッセージ”に引き続き、さんま&木村が出演する “あけおめ”メッセージ動画をWeb限定で特別公開する。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ