プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【紅白リハ】川口春奈「時間配分を頑張ります」 大泉洋は“時間気にしない”宣言

『第72回紅白歌合戦』囲み取材に出席した(左から)和久田麻由子、大泉洋、川口春奈(C)NHKの画像

『第72回紅白歌合戦』囲み取材に出席した(左から)和久田麻由子、大泉洋、川口春奈(C)NHK

■『第72回NHK紅白歌合戦』リハーサル3日目(30日、東京国際フォーラム)
 司会を務める俳優の大泉洋、女優の川口春奈、NHKの和久田麻由子アナウンサーが、報道陣の取材に応じた。

【全身ショット】緑がアクセントのベージュドレスで登場した川口春奈(右)

 初の紅白司会挑戦となる川口は「緊張とワクワクです。年末を締める楽しいお祭りのような紅白に参加させていだけることを光栄に思っています」とあらためて、司会抜てきを喜んだ。

 タッグを組む大泉については「本当に明るくてたくさんおしゃべりをしてくれる方。精神的に安らぐ、頼もしい大先輩です」と絶大な信頼を寄せる。その大泉は「時間に捉われる必要はない。こんな楽しいイベントで時間に気をつけるのは野暮ですよ」とボヤキ。川口に対しては「春奈ちゃんは時間を気にしなきゃいけない。もう少し緊張感を持って」と、しっかりと時計を見てほしいと訴えた。

 最後に川口は「時間配分を頑張ります。和久田さんに目で訴えつつ…」としながら「でも大泉さんと騒ぎたいです。なによりも、元気に明るくやれたら」と意気込んだ。

 今年のテーマは「Colorful~カラフル~」。司会は俳優の大泉洋、女優・川口春奈、NHKの和久田麻由子アナウンサーが務める。今年から「紅組司会」「白組司会」「総合司会」という呼称を全員「司会」に統一した。また、会場のNHKホールが改装工事中のため、東京国際フォーラム ホールAで初開催。NHKホール以外で行われるのは、1972年(第23回)以来49年ぶり。コロナ禍の昨年は史上初の無観客開催だったため、有観客は2年ぶりとなる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ