プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

満島ひかり版ペネロープ「違和感なし」井上和彦が太鼓判 『サンダーバード』対談

日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』2022年1月7日より劇場上映、2022年1月8日よりオンライン上映の画像

日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』2022年1月7日より劇場上映、2022年1月8日よりオンライン上映

 来年(2022年)1月7日より劇場上映スタートとなる日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』(8日よりオンライン上映)より、ペネロープ役を演じる満島ひかりと、執事のパーカー役を演じる井上和彦によるスペシャル対談映像が到着した。

【動画】満島ひかり×井上和彦スペシャル対談

 洋画声優初挑戦となる満島が演じるペネロープは、英国貴族のお嬢様というキャラクターだが、「今の時代にはないたおやかさみたいなものが話の語り口調とかにあって、大丈夫かな?とすごく怖かったんです。なので井上さんの初めての収録の日にお邪魔させていただいて、コツを教えてもらったり、一緒にリハーサルをさせてもらいました」と、これまで数々の人気キャラクターを務めてきたレジェンド声優直々に指導を行ってもらったそう。

 井上は満島の印象を「すごい真面目な方で、僕としては光栄でした。すごく勘がいい方なので、あっという間にコツを掴んでいました」と明かし、称賛を送る。

 初代ペネロープ役を演じた黒柳徹子から、ドラマ『トットてれび』で黒柳役を演じた満島に引き継がれることになったが、往年のファンにとって黒柳ペネロープのイメージも強い中、どのように演じるか悩んだという満島。

 アフレコ初日は、黒柳のモノマネもしてみたが、音響ディレクターから「心の中で受け継ぎたい気持ちは伝わってくるから、真似しなくても君のペネロープでいいよ」と言われたそう。満島は「元々徹子さんは品が良くてお茶目な感じを持ってらっしゃるけど、私が演じると声のムチが強めになるので、アメをもう少し出そうという調整が難しかったです」と、少し気が強いながらも、キュートさも兼ね備える満島版ペネロープに命を吹き込んだ。

 そんな満島に対し、井上は「違和感は全然なかったです。ペネロープはパーカーをこき使うキャラクターですが、出来上がりをみせていただいても、悪い女の人と感じることなく、冷たさの中にも優しさがあるという特徴がとても上手くでていたと思います」と絶賛している。

 ペネロープとパーカーの小気味良い掛け合いも癖になり、クスっと笑ってしまう魅力が詰まった日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』。満島と井上による息ぴったりのお嬢様&執事コンビにも注目だ。

Thunderbirds TM and (C) ITC Entertainment Group Limited 1964, 1999 and 2021. Licensed by ITV Studios Limited. All rights reserved.

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ