プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【紅白リハ】まふまふ、初出場に喜び爆発「夢の舞台」“カバー”を貫く理由も語る

『第72回紅白歌合戦』囲み取材に出席したまふまふ(C)NHKの画像

『第72回紅白歌合戦』囲み取材に出席したまふまふ(C)NHK

■『第72回NHK紅白歌合戦』リハーサル3日目(30日、東京国際フォーラム)
 動画投稿サイトやSNSで人気の歌い手でシンガー・ソングライターのまふまふ。初出場とあって少し緊張気味に取材に対応しながら「僕の家族が必ず年末に僕と一緒にテレビを囲って見ていました。小さい頃から馴染みがあり、音楽を志すものとしては夢の舞台というか、一番の舞台なのかなと思っています」と感無量の表情を浮かべた。

【アップショット】キリッとした表情で取材に臨んだまふまふ

 初出場のステージでは、カンザキイオリのボーカロイド曲「命に嫌われている。」を歌唱する。まふまふは「今回はアーティストではなく、人の楽曲をカバーする立場で出させていただきますが、それは音楽をしている者からしたら『オリジナルの歌で出たほうがいいんじゃないの?』という意見があったと思います。ただ僕としては、カバーをする形で出させていただくことがむしろうれしくて、そうご提案いただいたことが『NHKさんも僕のことを分かってくれている』と思いました」と語る。

 その上で“歌い手”としての姿勢を貫く理由として「歌ってみたとして人様の楽曲をお借りして歌わせていただいていた。自分がインターネットの人間として(歌い手として)由緒正しい歌番組に出させていただくということが、それが実現するくらい認めていただけるようになったんだよという証明になるのかな」と説明した。

 今年のテーマは「Colorful~カラフル~」。司会は俳優の大泉洋、女優・川口春奈、NHKの和久田麻由子アナウンサーが務める。今年から「紅組司会」「白組司会」「総合司会」という呼称を全員「司会」に統一した。また、会場のNHKホールが改装工事中のため、東京国際フォーラム ホールAで初開催。NHKホール以外で行われるのは、1972年(第23回)以来49年ぶり。コロナ禍の昨年は史上初の無観客開催だったため、有観客は2年ぶりとなる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ