プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

北村匠海の年下感がたまらない<彼女>との初デートシーン『明け方の若者たち』本編映像

映画『明け方の若者たち』(12月31日公開)(C)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会の画像

映画『明け方の若者たち』(12月31日公開)(C)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会

 ダンスロックバンド「DISH//」のリーダーで、俳優の北村匠海が主演する映画『明け方の若者たち』(2021年12月31日公開、R15+)より、北村の“年下感”がたまらない、初々しすぎる<彼女>との初デートシーンの本編映像が解禁された。

【動画】<僕>と<彼女>の初デートシーン(本編映像)

 Twitterでの”妄想ツイート”が話題となり、10〜20代から圧倒的な支持を獲得したウェブライター・カツセマサヒコの大ヒットを記録した話題の青春恋愛小説(幻冬舎)を映画化した本作。主人公の<僕>役を北村、明大前の飲み会で<僕>が一目ぼれする<彼女>役を黒島結菜が演じる。

 解禁となった本編映像は、デート中の<僕>(北村)と<彼女>(黒島)を捉えたもの。路地裏を歩きながら気まずそうに「どうしよっか」と話す<僕>に対し、<彼女>は「もうちょっと押してくれたらいいかも」と答える。<僕>は「もし良かったら、朝まで一緒にいませんか」と戸惑うようにはにかみながら言う。<彼女>が「はい。お願いします」と答え、ふたりは照れ臭そうに笑い合うところまで。

 北村の年下感がたまらないこのシーンは、黒島がお気に入りのシーンに挙げており、「しっかり見ておかないと見逃してしまう絶妙な手の繋ぎ方だったので注目して見てほしいです」とアピールしている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ