プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

香取慎吾主演、NHK特集ドラマ『倫敦ノ山本五十六』きょう放送

特集ドラマ『倫敦ノ山本五十六』より(C)NHKの画像

特集ドラマ『倫敦ノ山本五十六』より(C)NHK

 俳優の香取慎吾が山本五十六役で主演を務める太平洋戦争80年・NHK総合の特集ドラマ『倫敦ノ山本五十六』が、きょう30日(後10:00~11:13)放送される。

【写真】“丸刈り”が少し伸びて…インタビューに応じた香取慎吾

 日本はなぜ、あれほど凄惨な戦争へと突き進んだのか。開戦前の1934(昭和9)年、ひとりの海軍将校がロンドンに降り立った。その男は、のちに真珠湾攻撃作戦を指揮することになる提督・山本五十六(香取)。国家の命運を背負い、アメリカをはじめとする列強との軍縮交渉に臨もうとしていた。

 「交渉が決裂すれば、日本は国際社会でさらに孤立する」。アメリカの絶大な国力を知り、戦争は避けるべきだと考える五十六は、ぎりぎりまで決裂回避への道を探り続ける。しかし、軍備拡大を目指す本国の海軍首脳部から「結論ありき」の交渉を命じられてる。優先するべきは、国民の命か、国家の誇りか。組織の中で板挟みになり苦悩の末に、五十六が下した「ある決断」とは?

 太平洋戦争の始まりから80年。NHKの独自取材で明らかになった、海軍内部の極秘文書にもとづく特集ドラマ。国民から「英雄」と呼ばれるようになる以前の、海軍という組織のなかでもがき続けた、新たな「山本五十六像」が描かれる。

 ほか出演者は、高良健吾、片岡愛之助、國村隼、渡辺いっけい、嶋田久作、中村育二、市原隼人、平岩紙、景井ひな、伊武雅刀、山本學ら。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ