プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

元ベイビーレイズJAPAN林愛夏、所属事務所と契約満了「これからも劇場から皆様に感動を届けられる様に」

林愛夏 (C)ORICON NewS inc.の画像

林愛夏 (C)ORICON NewS inc.

 元ベイビーレイズJAPANのメンバーで女優・歌手の林愛夏(26)が29日、自身のインスタグラムを更新し、31日をもって所属事務所とのマネジメント契約が満了となることを報告した。

【写真】直筆サイン入り書面で所属事務所との契約満了を伝えた林愛夏

 林は「いつも応援して下さっている皆さんへ」と題し、直筆サイン入りの書面を投稿。「この度、2021年12月31日をもちまして、レプロエンタテインメントとのマネジメント契約が満了となりますことをご報告させていただきます。これからは、ずっと目標にしてきた夢に焦点を絞って挑戦します」と伝えた。

 報告にあたり、「12歳から14年間お世話になったレプロのスタッフの皆さんには、たくさんのことを学ばせていただき、心から感謝しています。また、新たな夢へ進むと決めた時も、親身に話を聞いて温かく背中を押して下さいました」と関係者に感謝。

 その上で、「大切で大好きな皆さんと過ごさせていただいた時間を忘れず、何倍も大きく成長できるように、恩返しできるように戦って来ます」とし、「少し環境は変わりますが、これからも劇場から皆様に感動を届けられる様に頑張り続けます」と決意をこめて、ファンに向け「どうか待っていてください! これからもよろしくお願いいたします」と結んだ。

 林は、2012年5月にベイビーレイズ結成から参加し、2015年にベイビーレイズJAPANに改名後も活動。2018年9月24日にグループ解散後は舞台やミュージカルのほか、女優としても活躍している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ