プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

シバター、大みそかRIZINへ弱気発言連発「僕めちゃめちゃ弱いですよ…」ドタキャンも示唆?

『RIZIN.33』で久保優太と対戦するシバターの画像

『RIZIN.33』で久保優太と対戦するシバター

 “炎上系”YouTuberのシバター(36)が29日、2日後に迫った大みそかの『RIZIN.33』(さいたまスーパーアリーナ)のオンライン会見で、弱気発言を連発した。

【写真】「マジでこの人ヤバない…?」皇治との交渉内容を暴露したシバター

 元K-1王者の久保優太(34)とMMAルールで対戦するが、自身のYouTubeでも「出たくない。戦いたくない。試合は期待しないでください」と自虐発言を連発していたシバター。直前に迫ったこの日も「まだ(試合の)契約書を出してないんですよ。まだギリギリ、ワンチャン辞めれるかなと(笑)。みんな演技だと思ってるかもだけど、明日1日悩んで、出るか出ないか決めようと思います」とドタキャンの可能性も示唆した。

 対戦相手の久保より20キロ以上も退場が重く、格闘技歴15年以上でMMA経験もあることから、YouTubeで“シバター有利”と予想するプロ格闘家もいるが、「人を見る目がないですね。僕めちゃめちゃ弱いですよ」と断言。久保について「打撃のスペシャリストで、寝技の対処も練習してるから、キツい展開になる。全てにおいて僕より上だと思います」と冷静に分析した。

 そんな試合の意義について「YouTubeを8年くらいやってて、YouTuberとしての数字も右肩下がりで、稼いでるお金も減ってる。YouTuberとして長生きするためには派手なことで話題を作って露出しなきゃいけないし、今後もYouTuberとしての寿命を少しでも伸ばすために、今回出ることは少なからず意味があるんじゃないかな」と語った。

 昨年も参戦した大みそかでは、フジテレビの視聴率が良かったが「目をつぶってバット振ったら場外ホームランだったみたいな。実力はないんだから。去年で上がりきった株が、今年は全部崩れ落ちてストップ安になる」と自虐が止まらず。それでも、去年大盛りあがりだったYouTuberのヒカルやてんちむを伴った入場シーンについて「同じことをやるんじゃなくて、面白くしようと思う。試合は一方的にボコボコにされる可能性が高いので、入場しか見せ場ないかもなので」と、さらに派手にすることを予告した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ