プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

Knight A – 騎士A - 横アリワンマンで魅了「止まらないよ、これからも」【ライブ写真&レポ掲載】

「Re:Night - KnightA/騎士A - ONE-MAN LIVE『Dead Or Alive』」より 撮影=林晋介、東美樹の画像

「Re:Night - KnightA/騎士A - ONE-MAN LIVE『Dead Or Alive』」より 撮影=林晋介、東美樹

 2020年の結成以降、生配信や動画投稿など声を武器にした活動で人気を集めてきた6人組ユニット「Knight A – 騎士A -」。12月27日、彼らの3rdワンマンライブ「Re:Night – KnightA/騎士A – ONE-MAN LIVE『Dead Or Alive』」が横浜アリーナで開催された。

【ライブ写真】横アリで躍動!パフォーマンスで魅了した騎士A

 もともとインターネット上で活動していたメンバーによって結成されたKnight Aは、2021年2月に豊洲PITで行なわれた『Knight』で自身初のワンマンライブを敢行。その7ヶ月後となる9月には1度目の横浜アリーナ公演『The Night』を開催し、満員の観客の前で19曲を披露して大成功を収めた。今回の公演は彼らにとって3度目のワンマン公演。9月に続いて横浜アリーナを舞台にしつつも、昼&夜の二部制に規模を拡大して開催された。

 今回のライブでは、両サイドに階段や踊り場が設置された巨大な高台がステージの中央に用意されており、横浜アリーナの広さだけでなく、高さも生かしたセットが用意されている。まずは高台の頂上から6人が登場し、生バンドの演奏とともに「トップシークレット」でライブがスタート。

 この曲はミニアルバム「The Night」の収録曲でありながら、9月の公演ではパフォーマンスできなかったライブ初披露の楽曲となる。メンバーカラーの6色のレーザーがぐるぐると会場を照らす中、四つ打ちを基調にしたクラブミュージックの要素とKnight Aらしいクールなポップさが一緒になった楽曲でばぁうが「おい! おい!」と会場を煽り、サビで6人の声を揃えると、観客もペンライトを振って応える。中盤からは高台から降りて観客のもとに近づき、最後は全員でポーズを決めて華やかにライブの幕を開けた。

 続いてMVが公開されたばかりの新曲「ヤミィ」では、Aメロでラップのマイクリレーをするとメンバーの色に次々にレーザーが切り替わり、火柱が立ってサビでは6色のカラーが会場を覆う。「やばいねー景色が!」とふたたび帰ってきた大舞台についての感慨深さを観客に伝えると、続いて「PLAYER」へ。この楽曲でも生バンドならではの迫力ある演奏と、体が震えるくらいの低音、そしてキレのあるメンバーのパフォーマンスで会場を沸かせた。

 こうした序盤からも伝わるように、Knight Aの最大の魅力は、6者6様の強烈な個性が、ひとつのグループに集まっていること。それぞれが個人として才能を磨いてきたメンバーの集合体だからこそ、色とりどりの個性が衝突してビッグバンを起こすような雰囲気がある。

 続くゆきむら。が作詞を担当した「Daydream」では、歌い出しとともに全員で高台へ。6人が巨大な高台のステージをずらりと囲み、ゆきむら。がメンバーの魅力を引き出すために書いた、まるでシチュエーションボイスの一幕も想像できるような歌詞をセクシーに歌い上げていく。6人それぞれの個性が伝わるような楽曲に会場はさらに盛り上がっていった。

 ここでメンバーがステージからはけ、ファンにはお馴染みの2人組でカバー曲を披露するコーナーへ。まずは照明がイエローとグリーンに変わり、そうま×しゆんが「厨病激発ボーイ」をカバー。ステージの両サイドに分かれ、観客に手を振ったりコミュニケーションを取ったりしながらトロッコに乗ってアリーナから会場の奥へと進んでいく。アリーナの最奥に設置されたサブステージで2人が出会うと、2人で観客に「愛してる」と伝えて最後のサビに突入。続いて「まだまだ行けるよな!」と伝えて2021年屈指のヒット曲のひとつ「KING」のカバーを歌い上げた。

 続いててるとくん×まひとくん。は、ピンクとスカイブルーの照明を受けながら「メンタルチェンソー」をカバー。2人もメインステージからトロッコに乗って、アリーナ奥のサブステージに向かって進んでいく。キュートで甘い歌声が会場いっぱいに広がるのは、この2人ならではだ。最後にサブステージで出会った2人が抱き合い盛り上げると、聴きなれた逆再生の音が聞こえ、観客もペンライトで一斉に反応、「ロメオ」のカバーがスタート。2人の王子的な魅力を引き出すような楽曲で会場中を魅了した。

 続いてサブステージにゆきむら。×ばぁうが登場すると雰囲気が一変。「劣等上等」のカバーがはじまり、ドロップで踊りながら観客を煽り、ラストに2人そろってポーズを決めるなど、生演奏ならではの音圧と激しいパフォーマンスで魅了する。「まだまだ盛り上がっていけるよな?」と伝えると、そのまま2人で「虎視眈々」へ。トロッコに乗り込みサブステージからメインステージへ移動し、2人組コーナーを締めくくった。2人ずつボーカルを取っていくことで、6人の声の魅力をよりじっくりと楽しめるような瞬間だった。

 以降は3人ずつに分かれてカバー曲を披露。まずはばぁうがステージに残り、「横アリ盛り上がってますかー!?」と伝えると、まひとくん。が登場して「好きな人がいるんですよね」と伝えてるとくんが登場。まひとくん。がてるとくんに「ずっと前から好きでした」と告白するというファン悶絶の寸劇を披露すると、そのままばぁう×てるとくん×まひとくん。で「惑星ループ」をカバー。続いてゆきむら。×そうま×しゆんが登場し、「1回きりだぞ、お前ら手を振れ!!」と煽りながら「ヒバナ」をカバー。間奏部分では「全員頭振れるか? いくぞ!!」と伝えてヘッドバンギングを促し、会場がさらに盛り上がった。

 こうして6人それぞれの魅力を伝えた後、いよいよライブはクライマックスへ。この日のライブを支えるバンドの紹介がはじまり、続いてメンバーがひとりずつ登場すると、ここからはグループ全体の魅力を伝える全員でのパフォーマンスがふたたび開始。まずは12月25日に公開された最新曲「Night Escape」がはじまり、ミラーボールきらめくファンキーなディスコチューンや、スクリーンに映された都会の夜の風景につられて、横浜アリーナ全体も巨大なダンスフロアのような雰囲気に変わる。後半はステージを降りて観客の目の前に向かい、サビで6人揃ってクルマのハンドル操作を思わせるような振りつけも披露した。

 続く「Answer」では、そうまとしゆんがステージの両サイドぎりぎりまで広がって、スタンド席の観客も含めたすべての観客にまで届けるように「The Night」を披露。6人の二次元の姿が映されたスクリーンをバックに、各々の歌声の個性が伝わるマイクリレーや、グループとしての一体感を伝えるダンスを披露し、最後に火柱が上がって本編を終えた。

 アンコールでは、今回のライブグッズであるオリジナルパーカーに着替えた6人がステージに登場し、会場に集まった観客にそれぞれの熱い思いを伝えていく。インターネットを拠点に活動してきた彼らにとって、ライブという空間は、自分たちを支えてくれるリスナーの存在をより実感できる場でもあるのだろう。各々に自分らしい言葉を選びながらも、共通して伝えていたのはリスナーへの感謝の気持ちと、「これからも共に走ろう」という未来への想いで、最後にそうまが、「止まらないよ、これからも。君たちとずっと届け続ける。進み続ける」と伝えて温かい拍手に包まれた。

 アンコール曲として最後に披露したのは、Knight Aの初のオリジナル曲であり、ゆきむら。が作詞を担当した「決戦エンドレス」。この曲では6人がMVでも使用していたメンバーカラーの扇子を持ち、スクリーンに映った実写MVと、ステージ上の6人がシンクロするようなパフォーマンスで魅了。これからも突き進んでいくグループの加速する勢いや、6人の想いを全力で伝えるような熱いパフォーマンスで全16曲のステージを締めくくった。

 同日の夜公演では、2022年春に初の『フルアルバム』が発売されること、さらに2022年4月2日・3日の2日間にわたって幕張メッセ国際展示場7~8ホールで開催される4thワンマンライブの予定も発表。Knight Aの物語はまだまだ止まらない。結成から1年強という短い期間の中で、ユニットとしての魅力を磨き、ものすごいスピードでスターダムへと駆け上がりつつある6人の魅力が、全編に詰まったステージだった。

文=杉山仁 撮影=林晋介、東美樹

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ