プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【紅白リハ】上白石萌音、“稔さん”松村北斗は令和の装いで「キラキラされてました」

『第72回紅白歌合戦』囲み取材に出席した上白石萌音(C)NHKの画像

『第72回紅白歌合戦』囲み取材に出席した上白石萌音(C)NHK

■『第72回NHK紅白歌合戦』リハーサル2日目(29日、東京国際フォーラム)
 初出場となる上白石萌音は「夜明けをくちずさめたら」を披露。11月からスタートした連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』で初代ヒロイン・安子を演じ、その反響の大きさを語った。

【全身ショット】ホワイトのロングスカート姿で登場した上白石萌音

 朝ドラのヒロインを務めたことについて、上白石は「安子ちゃんと呼ばれることが多くて、(稔と)結婚したときはみんな喜んでくれて、子ども(るい)を生んだときはおめでとうと言われました。朝ドラとともに、日々を過ごしてくださっている方がいるのを感じてうれしかったです」と笑顔で振り返った。

 この日は、安子の夫・稔を演じた松村北斗が所属するSixTONESもNHKのスタジオからリモートで会見し、松村が上白石とすれ違ったことを明かしていた。あらためてそのときのやり取りについて聞かれた上白石は「頑張ってください!」とエールを送り「すっかり令和の装いで、キラキラされてました(笑)」と再会を喜んでいた。

 今年のテーマは「Colorful~カラフル~」。司会は俳優の大泉洋、女優・川口春奈、NHKの和久田麻由子アナウンサーが務める。今年から「紅組司会」「白組司会」「総合司会」という呼称を全員「司会」に統一した。また、会場のNHKホールが改装工事中のため、東京国際フォーラム ホールAで初開催。NHKホール以外で行われるのは、1972年(第23回)以来49年ぶり。コロナ禍の昨年は史上初の無観客開催だったため、有観客は2年ぶりとなる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ