プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【紅白リハ】乃木坂46、相次ぐ主要メンバー卒業も 秋元真夏「後輩が頼もしく育ってくれた」

乃木坂46(左から)遠藤さくら、齋藤飛鳥、生田絵梨花、秋元真夏『第72回紅白歌合戦』囲み取材に出席した乃木坂46(左から)遠藤さくら、齋藤飛鳥、生田絵梨花、秋元真夏、山下美月(C)NHK、山下美月(C)NHKの画像

乃木坂46(左から)遠藤さくら、齋藤飛鳥、生田絵梨花、秋元真夏『第72回紅白歌合戦』囲み取材に出席した乃木坂46(左から)遠藤さくら、齋藤飛鳥、生田絵梨花、秋元真夏、山下美月(C)NHK、山下美月(C)NHK

■『第72回NHK紅白歌合戦』リハーサル2日目(29日、東京国際フォーラム)
 7回目の出場となる乃木坂46は「きっかけ」を歌唱。秋元真夏は「今年で結成10周年を迎えまして、私たちにとっても大事な一年に7回目の出場をさせていただくことは、メンバーとしても、いろんな思いをもって臨まなきゃいけない」と意気込みを語った。

【写真】生田絵梨花ラストステージ!リハで弾き語りを披露

 また、大みそかをもって生田絵梨花がグループを卒業する。秋元は「2020年、21年はグループを引っ張っていってくれていた主要メンバーの卒業も増えていて『今後、大丈夫かな?』という不安も最初はありました」と本音を吐露する一幕も。

 それでも前を向くと「後輩たちが頼もしく育ってくれた。先輩よりもいろんなことに気づいてくれたり、そこの穴を埋めようと頼もしい面をたくさん見れて、私たちがちょっと甘えてしまうくらい、しっかりした後輩たちの姿がメインに描けた2年間でもあったのかな」と先輩として誇らしげに胸を張った。

 本番では、これまでの歩みを振り返る映像をバックに、生田のピアノ伴奏とメンバーのパフォーマンスで楽曲を届ける。生田は「ピアノを演奏していると、いつもみんなと歌って踊ってパフォーマンスしているのと違って、周りの景色を客観的に見れる。なのでグループにいる最後というのも実感しながら『ここから巣立っていくんだな』と感じながら、大切に歌えたらなと思います」と、ラストステージへの思いを語っていた。

 今年のテーマは「Colorful~カラフル~」。司会は俳優の大泉洋、女優・川口春奈、NHKの和久田麻由子アナウンサーが務める。今年から「紅組司会」「白組司会」「総合司会」という呼称を全員「司会」に統一した。また、会場のNHKホールが改装工事中のため、東京国際フォーラム ホールAで初開催。NHKホール以外で行われるのは、1972年(第23回)以来49年ぶり。コロナ禍の昨年は史上初の無観客開催だったため、有観客は2年ぶりとなる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ