プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

窪田正孝×宮沢りえ、映画『決戦は日曜日』落選に向けてデマ捏造中の本編シーン

窪田正孝主演、映画『決戦は日曜日』(2022年1月7日公開)(C)2021「決戦は日曜日」製作委員会の画像

窪田正孝主演、映画『決戦は日曜日』(2022年1月7日公開)(C)2021「決戦は日曜日」製作委員会

 俳優の窪田正孝主演で、日本の選挙活動をコミカル&シニカルに描く映画『決戦は日曜日』(2021年1月7日公開)より、本編映像の一部が解禁となった。なんと、選挙で落選するため(!?)、秘書の谷村(窪田)と立候補者の有美(宮沢りえ)がタッグを組み、デマを捏造するというのもの。有美の怒号が響き渡る。

【動画】『決戦は日曜日』デマブログを開設する本編シーン

 とある地方都市。谷村勉(窪田)はこの地に強い地盤を持ち当選を続ける衆議院議員・川島昌平の私設秘書。秘書として経験も積み中堅となり、仕事に特別熱い思いはないが、暮らしていくには満足な仕事と思っていた。ところがある日、川島が病に倒れてしまう。そんなタイミングで衆議院が解散。後継候補として白羽の矢が立ったのは、川島の娘・有美(宮沢)だった。

 谷村は有美の補佐役として業務にあたることになったが、自由奔放、世間知らず、だけど謎の熱意だけはある有美に振り回される日々。しかし、父・川島の地盤は盤石。よほどのことがない限り当選は確実…だったのだが、政界に蔓延(はびこ)る古くからの慣習に納得できない有美はある行動を起こす――それは選挙に落ちることだった。

 「とにかく、選挙に落ちるなんて簡単です」と、キッパリと言い切る谷村。「支持率上げることに比べたら下げるなんて、いつもの川島さんの調子でイイわけですから」と、何やら落選に向けた勝算がある様子。手始めに谷村が始めたのはデマブログの作成だった。ブログのタイトルは「前科があるってほんと!? 今話題のお騒がせ候補、川島有美氏についてまとめました!」…果たして谷村こん身のデマブログの効果は!?

 デマに真実味を持たせるために二人が取り掛かったのは素材の確保。谷村の作ったデマブログを読み「え、覚せい剤とかやってないけど」と少々不満を漏らす有美。仕事となればきっちりこなすタイプの谷村は手際がいい。スマホでの録音を準備し「さあいきましょう!」と有美を促す。さっと傘を手に取ると「ふざけんなよ! 当選したいんだよ!」怒号とともに傘でデスクをぶったたく! 「大体なんで紅茶なんだよ! コーヒーって言っただろ! 早く持ってこい!」と書類を壁に投げつけ、ハンガーを散乱させる。素材はばっちりだ。

 翌日、事務所で早速反応が。先輩秘書の濱口(小市慢太郎)がスマホに目を落とし「え? なにこれ? ネット上でまとめられてるんだけど。これは悪質だよ…」と驚く。「なんだこれ!」初見を装う谷村。昨晩録った怒号もしっかり再生された。日本を変えるため、落選へと二人三脚で決戦を仕掛けた谷村と有美。二人のまさかの戦いのゴングが鳴った! しかし…本当にうまく事は運ぶのか!?

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ