プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

鈴木福がリーゼントのヤンキー役、伊藤英明主演映画『KAPPEI カッペイ』出演者10人発表

ヤンキー役で鈴木福の出演が明らかに=映画『KAPPEI カッペイ』(2022年3月18日公開)(C)2022 映画『KAPPEI』製作委員会 (C)若杉公徳/白泉社(ヤングアニマルコミックス)の画像

ヤンキー役で鈴木福の出演が明らかに=映画『KAPPEI カッペイ』(2022年3月18日公開)(C)2022 映画『KAPPEI』製作委員会 (C)若杉公徳/白泉社(ヤングアニマルコミックス)

 俳優の伊藤英明が主演する映画『KAPPEI カッペイ』(2022年3月18日公開)の出演者が追加発表され、『マルモのおきて』(11年)をはじめとして、数多くの作品で愛らしい姿を見せてきた鈴木福が、リーゼントヘアーに特攻服でメンチを切るヤンキー役で登場することが明らかになった。

【画像】上白石萌歌が想いを寄せる相手役の岡崎体育、ほか発表された出演者

 同映画は、「デトロイト・メタル・シティ」などで知られる漫画家・若杉公徳のギャグ漫画「KAPPEI」(白泉社・ヤングアニマルコミックス)が原作。「1999年7の月、人類は滅亡する」というノストラダムスの予言を信じ、来たるべき終末の世に備えて幼い頃から人類の救世主となるべく厳しい修行に人生を捧げてきたものの、活躍の場を与えられず、その能力を全く必要としない現代の東京に流れ着き、初めて知るピュアな恋心、友情、葛藤、花見、合コン、嫉妬心、遅すぎた青春…を描く。

 主人公・勝平を伊藤、勝平が東京で運命的な出会いを果たす女子大生・山瀬ハルを上白石萌歌、勝平に振り回され続ける気弱な大学生・啓太を西畑大吾(なにわ男子)、勝平とともに厳しい修行の日々を過ごした終末の戦士、守・正義・英雄を大貫勇輔、山本耕史、小澤征悦、その師範役を古田新太が演じる。

 今回、明らかになった出演者は計10人。鈴木がヘアスタイルをリーゼントにして演じるのは、正義(山本耕史)の舎弟として行動を共にする中学生・武智(たけち)。17歳にして14年以上のキャリアを誇る鈴木が、今までのイメージを一新するような姿でどんな演技を見せてくれるのか、その新境地に注目が集まりそうだ。

 上白石演じるハルの親友で、突如現れた勝平の存在にも理解を示す姉御肌な女の子・久美子役に浅川梨奈。2014年に長編映画デビューを果たし、映画『かぐや様は告らせたい』(19年・21年)では、アニメ版の声色や話し方を余念なく研究し、SNSで「再現度がすごい」と話題になるなど、女優として躍進を続ける浅川が、本作ではクールビューティーな大学生を演じる。

 勝平の奇想天外な行動に笑いながらツッコみ、明らかに年上である勝平を「ペイ」呼びするなど、怖いもの知らずのウェイ系男子・矢木を演じるのは、19年にドラマデビューし、NHKの連続テレビ小説『おちょやん』(20年~21年)ではヒロインの弟役に抜てきされるなど、目覚ましい活躍を見せる倉悠貴。繊細でどこか闇を抱える役が多かった倉が、真逆に振り切った天真爛漫なキャラで、場を盛り上げる。

 ハルが想いを寄せる高校時代の先輩・堀田役には、シンガーソングライターであり、連続テレビ小説『まんぷく』(18年)で俳優デビューも果たした岡崎体育。20年に放送されたドラマ『MIU404』(TBS)では、狂気の犯人役を体当たりで演じきり、その迫真の演技が「こわすぎる…」と一躍話題になった岡崎が、本作では爽やかな先輩として、勝平の前に恋のライバルとして立ちはだかる。

 東京に出てきた終末の戦士が、必殺技【無戒殺風拳】を繰り出す時、なぜか現場に居合わせ、圧倒的な武術への造詣とコメント力で殺風の脅威を解説するベテラン警察官・柳田役には、名バイプレイヤー・橋本じゅん。そんな柳田と共に行動し、柳田のコメントにツッコむ若き警官・テルオ役に森永悠希(もりなが ゆうき)。

 さらに、守(大貫勇輔)が一目惚れするダンサー・美麗(みれい)役に3時のヒロインのかなで。美麗の憧れの存在で、守がライバル視するキレッキレのカリスマダンサー・和也役にGENERATIONS from EXILE TRIBEの関口メンディー。GENERATIONSとして、マルチに活躍してきたメンディーが、自身の得意分野でもあるダンスの達人という役どころで出演する。

 加えて、啓太(西畑大吾)をカツアゲしようとする街の不良役に、お笑い芸人・マテンロウのアントニーと大トニーも出演。勝平と啓太が出会う重要なシーンにスパイスを加える役どころとして登場。

 以上、俳優だけでなく、ダンサー、芸人、ミュージシャンといった幅広いジャンルからバラエティに富んだキャスティングで、伝説のギャグ漫画をいかに実写化したのか、期待するしかない。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ