プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

「“笑顔”を届けるのは音楽だけじゃない」日向坂46が導きだした“アイドルの役割”

日向坂46の上村ひなの、丹生明里、松田好花  撮影/逢坂 聡(C)oricon ME inc.の画像

日向坂46の上村ひなの、丹生明里、松田好花  撮影/逢坂 聡(C)oricon ME inc.

 デビュー以来、リリースしたシングルすべてが1位を記録するなど、躍進を続けている日向坂46。今年はメンバー個々のバラエティ出演も目立ち、上半期だけで255本の番組出演を果たした。大喜利にボケ、ツッコミと果敢に挑戦する姿も見られるが、彼女たちも当初はアイドルになって笑いを求められるとは思っていなかった。それでも悩みながら自分たちのアイドル像を形成してきた彼女たち(丹生明里、松田好花、上村ひなの)に、バラエティへの考え方や、来年で5年目を迎える冠番組のMCを務めるオードリーの影響を聞いた。

【写真集カット】日向坂46ランジェリーで衝撃の美ボディ(全56枚)

■「笑いを求められるとは…」ガチンコのバラエティに苦悩もあった冠番組

――もともとアイドルを目指してきて、グループに加入した当時はバラエティへの意欲というものはあったのでしょうか。

松田好花 当初はたまに『けやかけ(欅って、書けない?)』にお邪魔して、テレビに映らせていただくだけでありがたくて、爪あとを残そうとか一切考えてなかったです。

丹生明里 私はお笑いが好きで、『エンタの神様』とか『爆笑レッドカーペット』とかネタ番組はいっぱい観ていました。でも、アイドルになって笑いを求められるとは思ってなかったです(笑)。

上村ひなの 私も『ロンドンハーツ』や『めちゃ×2イケてるッ!』を家族で観ていて、大好きでしたけど、自分がバラエティをやる未来は想像していませんでした。

――松田さんは、冠番組である『ひらがな推し』(現在は『日向坂で会いましょう』)の初回収録で“バレエを踊りながら芦田愛菜さんが言いそうもないことを言う”という特技を披露しました。「春日さんが使えないの」という台詞もありましたが、初回から飛ばしていましたね(笑)。

松田 ただ“芦田愛菜さんのものまねをするやしろ優さんのものまね”だけだと面白くないので、何かを組み合わせたらどうだろうかと。私はクラシックバレエを10年以上やってきたので、踊って最後にものまねをすることにしたんです。オードリーさんと会ってすぐの収録であれをやるのは、本当に緊張しました。

――上村さんは、大喜利企画で泣いてしまったことがあるとか。

上村 番組が始まった当初は、フリップを出したあとに「こういう答え方で合っているの?」とわからなくなって、休憩時間に号泣してしまう事件がありました(笑)。そういうことを言っていいのか、いろいろ苦悩しました。おしとやかで大口を開けて笑わないのがアイドルだと思っていたので(笑)。でも、今の時代はアイドルもバラエティにどんどん進出して、ボケたりもしていて。先輩たちのバラエティでの姿も見てきて、私も真剣に向き合いたい気持ちが自然と生まれました。

■“笑顔”を届ける方法は音楽だけじゃない「番組で笑えてもらえたらめっちゃハッピー」

――皆さんは個々でもバラエティの仕事が増えています。印象に残っている番組はありますか。

松田 『ラヴィット!』で、皆さん大喜利的な答えをする流れのクイズコーナーがあるんですが、最初の回答でボケずに正解を言ってしまい、涙したことがありました。当てるつもりはなくて、もっとぶっ飛んだことを言わないとダメだったのに、生放送で頭が真っ白になって。何か言わなきゃと思って答えたら、当たってしまったんです。「泣きすぎたな……」と落ち込むときもありましたけど、それを見て私に興味を持ってくださった方もいます。ファンの方にも「一緒に泣いてました」とか「つられて涙もろくなる」と言われて、笑い合える話題になったので、ありがたい機会でした。

――上村さんは『THE突破ファイル』の初出演時に、火災の原因を「実は燃えてない」と答えたりして、「変化球しか投げない」と話題になりました。

上村 トリッキーなことを言いすぎても良くないと思っていて、どう回答すればいいかわからず、思いついた発言がそれでした(笑)。ちょうどいいインパクトがあることを言えたらいいんですけど、ウソをつくのはたぶん良くなくて。自分のエピソードをできる限り大げさに言うことを自分たちの番組で学びました。

――自分がバラエティで求められていると感じた瞬間はやはり冠番組だったのでしょうか。

丹生 家で『ひなあい』のオンエアを観ていると、普通に爆笑しちゃうんですよね(笑)。ファンの皆さんも、「面白かった」と言ってくれることが多くて。想定していた姿ではなかったけど、自分たちが出演している番組で笑ってもらえるなんて、めっちゃハッピーなことだと思ったんです。みんなに笑顔を届けるために、ライブという形もあれば、バラエティという形もある。だからバラエティでも、もっと楽しさを伝えたいという気持ちでやっています。

松田 お仕事でお会いするスタッフの方からも「実は観てます」と聞くと、より意欲が湧きます。雑誌でも番組の特集を組んでいただいたり、テレビの枠を超えた需要があるのを実感して、頑張りたい気持ちは年々増しています。

■「たくさん失敗して欲しい」多くの“失敗”を糧にしてきたオードリーからの金言

――冠番組が始まって4年になりますが、バラエティについてオードリーさんから学んだことは大きかったですか?

丹生 この前の収録で、私がフリップを出したら「勇気あるね」と言われました(笑)。あまり面白い答えじゃなかったときでも、そうやって言ってくれて。とりあえずいっぱいチャレンジする。何も言わないよりは、どんどん言ったほうがいい。そういうアドバイスのように感じました。

上村 私は「たくさん失敗してほしい」と若林さんが言ってくれたのを覚えています。自由にやっていい場所があるなら、失敗する経験も積んだほうが成長できると。私はできるだけ目立たないようにしているタイプでしたけど、そう言われて、失敗してもいいから少しでも爪あとを残そうと思うようになりました。失敗してもオードリーさんがフォローしてくれるので後悔しないようになりました。

――松田さんも、番組で若林さんに「思った通り出せばいい」と言われていましたね。

松田 あれは大きかったです。私は考えすぎてしまうタイプで、発言ひとつでも「これを言ったら、どうなるんだろう?」と迷っているうちに、次の話題に行ってしまうことが結構あって。それをなくしていけたらと思いました。言わないで後悔するより発言して後悔したほうがいいなと。

――バラエティでの活躍が、グループの躍進の要因になっていると感じますか。

丹生 そう思います。私たちが出たバラエティをきっかけに、おひさま(日向坂46ファン)になったという方は結構いらっしゃって、本当に大きいです。

――芸人さんばりに笑いをとりたいという想いも?

松田 求めてくださる限りは、全力でやりたいと思っています。芸人さんばりにというのは難しいですが、私たちが発したことでその場が明るくなるととても嬉しいです。バラエティで何とか頑張れているのは冠番組のおかげなので、オードリーさんには感謝していますし、育てられているなと感じています。

――改名前の冠番組『ひらがな推し』のBlu-ray第2弾が元日に発売されます。約3~4年前の番組が収録されますが、当時からさらに成長した日向坂46として、今後の『日向坂で会いましょう』での目標を教えてください。

松田 番組が続くほど新しい企画は減っていますが、できるだけ新しいことを見出していけたらいいなと思います。またロケができるようになったら、やれることの幅も広がるので、それも楽しみに頑張り続けます。

上村 以前『ひなあい』で雑誌の表紙も務めせていただいたように、番組で何かをなし遂げられたらいいですね。大きいことだと、街をジャックするとか。

丹生 全国放送になったら地方のファンの方にも届けられますし、ゴールデンタイムにも憧れます。一般の人にも見ていただけて“好きなテレビ番組”に『ひなあい』が入ったら、めちゃめちゃ嬉しいだろうなと思います。

(取材・文/斉藤貴志)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ