プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

眠る岸井ゆきのを撮影するミステリアスな浜辺美波、映画『やがて海へと届く』初映像

映画『やがて海へと届く』(2022年4月1日公開) (C)2022 映画「やがて海へと届く」製作委員会の画像

映画『やがて海へと届く』(2022年4月1日公開) (C)2022 映画「やがて海へと届く」製作委員会

 女優の岸井ゆきの主演、浜辺美波が共演する映画『やがて海へと届く』の公開日が来年(2022年)4月1日に決定。本作の映像初解禁となる特報、ティザービジュアルがお披露目となった。

【動画】映画『やがて海へと届く』特報

 彩瀬まるによる同名小説(講談社文庫)を、詩人としても活躍する中川龍太郎監督の世界観と映像センスで映画化。突然消息を絶った親友の死を受け入れられずにいる主人公・真奈が、深い悲しみを抱えながらも前に踏み出そうとする姿を見つめる、喪失から再生へと向かう物語。

 初解禁となった特報映像には、「ちょっと海を見に」と言葉を残し、突然いなくなった親友・すみれ(浜辺)。彼女との想い出と、いなくなった親友の理由を探す旅に出る主人公の真奈(岸井)が重なり合う。すみれを見つめながら一筋の涙を流す真奈。「わたしたちには世界の片面しか見えてないと思うんだよね」と語るすみれの、ミステリアスな言葉の意味とは?

 あわせて解禁となった、ティザービジュアルには、明け方深い眠りにつく真奈を撮影するすみれの姿を切り取った写真を使用。「あなたのことを、私はどれだけ知っているのだろう」というコピーとともに、真奈の親友を探す旅はどんな結末が待ち受けているのか? 公開が待ち遠しくなる特報映像とティザービジュアルに仕上がっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ