プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

長澤まさみ“ダー子”との出会いに感慨深げ「宝くじに当たるような確率だと思う」

長澤まさみ (C)ORICON NewS inc.の画像

長澤まさみ (C)ORICON NewS inc.

 女優の長澤まさみが27日、都内で行われた『コンフィデンスマンJP 大感謝祭 2021』に出席。これまでの作品の歩みを振り返り「本当に愛されている作品なんだなと思いますし、こんなに長く続けられるのがありがたいですね」と感慨深げにあいさつした。

【全身ショット】“全身デニム”コーデで魅了!スタイルの良さが際立つ長澤まさみ

 人気脚本家・古沢良太氏が手がけた同作は、2018年4月期に月9ドラマとして放送されると、2019年に映画第1弾『ロマンス編』(興行収入29.7億円)、20年には第2弾『プリンセス編』(興行収入38.4億円)といずれも大ヒットを記録。主人公のダー子を長澤、お人好しゆえに騙されることもあるボクちゃんを東出昌大、どんな世界の人間にも見える特技を持つリチャードを小日向文世が演じ、大人気シリーズとなった。

 映画第1弾は香港、第2弾はマレーシア・ランカウイ島と、いずれも海外を舞台にしていたが、第3弾となる『コンフィデンスマンJP 英雄編』(2022年1月14日公開)は、ついにヨーロッパに進出。イタリアのシチリア島南部にある地中海の小さな島・マルタ島で、騙し合いバトルが繰り広げられる。

 トークセッションでは、作風になぞらえて「自分にとっての英雄は?」と問われ、長澤は「女優人生で一番の影響を与えたのはダー子。これだけ愛されるキャラクターに出会えた」と笑顔で回答。公開日も近づき「本当に楽しみ。たくさんの人に見てもらいたい!」と目を輝かせながら呼びかけていた。

 そのほか、東出、小日向、小手伸也、織田梨沙が出席し、主題歌「Anarchy」を担当するOfficial髭男dismがVTRメッセージを寄せた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ