プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画動員ランキング:『劇場版 呪術廻戦 0』圧倒的な初登場1位、2位は『キングスマン』

『劇場版 呪術廻戦 0』(C)2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社の画像

『劇場版 呪術廻戦 0』(C)2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社

 最新の全国映画動員ランキングトップ10(12月25日・26日、興行通信社調べ)が発表され、アニメ『劇場版 呪術廻戦 0』が、土日2日間で動員113万6000人、興行収入16億2200万円をあげ圧倒的な強さで初登場1位を飾った。

【画像】2位以下の作品ビジュアル

 初日から3日間の累計では動員190万人を突破、興収27億円に迫る驚異的な成績。この数字は動員、興収ともに、2020年10月16日に公開され、歴代興収記録を大幅に塗り替える最終興収404.3億円をあげた「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」に次ぐ記録となっている(興行通信社調べ)。年末年始も高稼働しそうだ。

 2位には『キングスマン:ファースト・エージェント』が初登場。土日2日間で動員11万3000人、興収1億7000万円、初日から3日間の累計では動員15万7000人、興収2億3200万円をあげるスタートとなっている。英国紳士によるスパイ組織“キングスマン”の活躍を描くアクションシリーズの第3弾。出演はレイフ・ファインズ、ハリス・ディキンソン、リス・エヴァンスほか。監督はシリーズ2作を手掛けてきたマシュー・ヴォーンが続投。

 3位は『あなたの番です 劇場版』。土日2日間で動員10万人、興収1億3800万円をあげ、累計では動員93万人、興収12億円を突破した。

 公開2週目の作品としては、4位に『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』で土日2日間で動員8万7000人、興収1億700万円。5位に『マトリックス レザレクションズ』で土日2日間で動員7万9000人、興収1億2600万円。7位に『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』。

 公開4週目となる6位の『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は動員108万人、興収15億円を突破。8週目を迎えた9位の『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』は動員90万人を突破した。

■全国映画動員ランキングトップ10(12月25日・26日)
1(NEW)劇場版 呪術廻戦 0(公開週1)
2(NEW)キングスマン:ファースト・エージェント(1)
3(2↓)あなたの番です 劇場版(3)
4(3↓)ボス・ベイビー ファミリー・ミッション(2)
5(1↓)マトリック レザレクションズ(2)
6(5↓)ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(4)
7(4↓)仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ(2)
8(6↓)ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”(5)
9(8↓)映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ(8)
10(7↓)ミラベルと魔法だらけの家(5)
※11(9↓)そして、バトンは渡された(9)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ