プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

Novelbrightの沖聡次郎、ポケモンカード番組大会優勝「うれしいです」 準優勝は本郷奏多

(左から)Novelbrightの沖聡次郎と本郷奏多の画像

(左から)Novelbrightの沖聡次郎と本郷奏多

 ポケモン社は26日、ポケモンカードゲーム特別番組「スタートデッキ100 ルーレットバトル」を開催し、大阪発5人組ロックバンド・Novelbrightの沖聡次郎が優勝した。7月に開催された『夏ポケカ1stバトル』で優勝した本郷奏多は準優勝だった。

【写真】優勝賞品を手に喜ぶNovelbrightの沖聡次郎

 「スタートデッキ100 ルーレットバトル」は、17日にポケモンカードゲーム ソード&シールド「スタートデッキ100」が発売したことを記念して開催されたもので、その様子をインターネットでストリーム配信。本郷奏多、松丸亮吾、あばれる君、岡本信彦、桃月なしこ、沖聡次郎、笹森裕貴、行弘賢が参加した。

 優勝した沖はポケモンカードの公式番組に初出演で初優勝で「ありがとうございます。大好きなポケモンカードの番組に出演できるということで、とても緊張していましたが、事前にどんなデッキがあるのかを調べたり、勝ちかたのイメージを自分なりに考えてきました。優勝できてとてもうれしいです」と喜び。

 「スタートデッキ100」の魅力は「ポケモンカードをずっと遊んでいる人も、いまからはじめる人も一緒になって遊べる商品だと思います。100種類のデッキはどれも個性的だと思いますし、強さのバランスも取れていると思いました。だから誰もが勝ったり負けたりを楽しめるデッキだと思います」と説明した。

 「スタートデッキ100」は100種類のバリエーションがあるが、使った中での1番のお気に入りのデッキは「決勝戦で本郷奏多さんと戦った時に使った、デッキナンバー「047」です。ザルードVとガラル ファイヤーVが入った草タイプ&悪タイプのデッキです。ポケモンの特性やトレーナーズを使って臨機応変なプレイができるので、相手と駆け引きを楽しめる僕好みのデッキだと思いました」と伝えた。

 また、「この番組で共演させていただいた方たちと「近いうちにまたポケモンカードをやろうね!」とお話をさせていただいたので、ぜひ実現したいなと思っています!」とポケカライフを楽しむことを宣言した。

(c)2021 Pokemon. (c) 1995- 2021 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.ポケットモンスター・ポケモン・Pokemonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ