プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

東映時代劇チャンネル、開設1ヶ月で登録者10万人突破 年末年始に4作品配信

「東映時代劇YouTube」チャンネルにて12月29日から4日連続、4作品をプレミア公開 (C)東映 (C)光プロ・東映の画像

「東映時代劇YouTube」チャンネルにて12月29日から4日連続、4作品をプレミア公開 (C)東映 (C)光プロ・東映

 映画会社・東映が11月26日にYou Tubeに開設した、時代劇映像作品を無料で配信する公式チャンネル「東映時代劇YouTube」の登録者が、1ヶ月足らずで10万人を突破。これを記念して、2021年12月29日から3日連続、特撮ギミックを取り入れた唯一無二の東映時代劇3作品をプレミア公開。そして、2022年元日、新年1発目として、松平健が齋藤道三を演じる『戦国乱世の暴れん坊 斉藤道三 怒涛の天下取り』がプレミア公開される。

【画像】『黄金の盗賊』など公開作品

 12月29日は、特撮娯楽時代劇として制作され、劇場公開された『黄金の盗賊』を配信。松方弘樹&大瀬康一演じる江戸の侠盗二人組が湖底に消えた豊臣家の軍資金をめぐり、幕府や豊臣家残党を相手に立ち回る娯楽篇だ。

 30日は、『怪竜大決戦』。こちらも松方主演で当時の特撮技術を存分に駆使し時代劇×怪獣を描いた冒険活劇映画の決定版。自雷也と大蛇丸が忍術を駆使し、怪獣同士で戦う姿は圧巻だ。

 31日は、同チャンネルで高視聴を記録しているTVシリーズ『仮面の忍者赤影』の劇場版となる『飛び出す冒険映画 赤影』を配信。TVシリーズの映像を再編集、新規映像も加えて劇場公開版として仕上げた1本だ。

 元日配信の『戦国乱世の暴れん坊 斉藤道三 怒涛の天下取り』は1991年正月に放送された本編尺4時間越えの大型時代劇特番。戦国時代、一代で戦国大名まで下克上でのし上がった齋藤道三の半生を描く。織田信長役に仲村トオル、明智光継に千葉真一といった共演陣にも注目だ。

■配信スケジュール
『黄金の盗賊』:2021年12月29日午後8時~2022年1月3日午後11時59分まで
『怪竜大決戦』:2021年12月30日午後8時~2022年1月3日午後11時59分まで
『飛び出す冒険映画 赤影』:2021年12月31日午後8時~2022年1月3日午後11時59分まで
『戦国乱世の暴れん坊 斉藤道三 怒涛の天下取り』:2022年1月1日正午~2022年1月10日午後11時59分まで

■10万人突破御礼!年またぎ東映時代劇スペシャル(2021→2022)再生リスト
https://www.youtube.com/playlist?list=PLCgFby8GNe3xCKINf5JxddpmpDkzmoD0b

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ