プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

川島明&白石麻衣MC、千鳥が見届人の『お笑いオムニバスGP』新春に開幕【コメントあり】

バラエティー特番『お笑いオムニバスGPクセがスゴい&ドッキリツッコミGP&バク速ネタ50連発SP』(C)フジテレビの画像

バラエティー特番『お笑いオムニバスGPクセがスゴい&ドッキリツッコミGP&バク速ネタ50連発SP』(C)フジテレビ

 お笑いコンビ・麒麟の川島明、女優の白石麻衣がMC、千鳥が“お笑い見届け人”を務める、フジテレビ系バラエティー特番『お笑いオムニバスGPクセがスゴい&ドッキリツッコミGP&バク速ネタ50連発SP』が、来年1月2日に放送される(後6:30)。

【番組カット】今回も豪華企画が続々! 芸人もズラリと登場

 『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』のパッケージで届ける「ツッコミ芸人が本気でツッコんだ! ドッキリツッコミGP」の第2回大会を実施。ツッコミに定評のある芸人をターゲットに、数日間にわたり次々とドッキリを仕掛け、彼らが「いかに的確に、いかに面白いツッコミを繰り出せるか」を審査する。今回の出場者は、“キモカワツッコミの先駆者”アンガールズ・田中卓志、“都政にもツッコむ社会派芸人”カンニング竹山、“マシンガンツッコミお兄ちゃん”ミキ・昴生、そして“令和最後の昭和臭漫才師”銀シャリ・橋本直の4人となる。

 芸能人がひそかに隠し持っている笑える芸、通称“クセスゴかくし芸”の面白さを競う新たな大会「クセがスゴいかくし芸GP」が開幕。ロバート・秋山竜次、狩野英孝のほか、なにわ男子・大橋和也といった異色の顔ぶれもエントリー。往年の『新春かくし芸大会』で披露しても遜色がないほどのハイレベルな芸から、進行役の千鳥&川島&白石を思わず絶句させる、あまりにもクセがスゴすぎる芸まで、玉石混交(?)の“クセスゴかくし芸”が次々と登場する。

 人気芸人が代わる代わる登場し、コントや漫才など、ジャンルを問わずさまざまなショートネタを次々に披露し、ネタが終わるたび、恐竜が現れて芸人を“バク”っと飲み込んでいく名物企画「バク速-1GP」の第3回大会も実施。今回も「1分に1回必ず笑える」をコンセプトに、およそ50本の“バク速ネタ”を大連発する。

 実力派のベテランや旬の若手のほか、原口あきまさ&ホリ&山本高広&ミラクルひかるによるものまねユニット「変人」、チョコレートプラネット&シソンヌの同期芸人ユニット「チョコンヌ」、さらに、コラボネタ“ZAZYシュール”が話題の堀内健&ZAZY、河本準一&チャンス大城、飯尾和樹&岩井ジョニ男&ウド鈴木といった異色のコラボユニットも続々登場。また、東京ヤクルトスワローズのマスコットキャラクター・つば九郎も参戦し、およそ50組の精鋭が、他では決して見られないスペシャルなステージを繰り広げていく。

 芸人たちが2人1組のペアで参戦する、新たな“歌ネタ”の大会「国民的ヒットソング 合いの手ツッコミGP」の第2弾も開催。ペアのうち1人が、誰もが知っているヒットソングを熱唱する中、もう1人が、その歌詞からツッコミどころを見つけ出し、“合いの手ツッコミ”を入れていく。ツッコミのキレと面白さを競い合う、お笑いファンも垂ぜんの大会だ。今回は、第1回大会に続いて再び出場を果たすナイツのほか、マヂカルラブリー、大会初のトリオでの出場となる3時のヒロイン、そして今大会のためにペアを組んだホリ&ミラクルひかる、というバラエティーに富んだ顔ぶれがエントリー。ホリ&ミラクルの『夜空ノムコウ』など、各ペアの選曲にも注目だ。

 収録を終えた、川島、白石、千鳥がコメントを寄せた。

――今回の『お笑いオムニバスGP』の収録はいかがでしたか?

白石麻衣「今回も、おなかを抱えて笑うくらい本当に面白かったです!」
川島明「僕も収録中、ずーっと笑ってましたね。ただただ楽しい時間でした。番組としても、過去2回と比べてもパワーアップしてる気がします。正月に見るにはぴったりの、笑いの要素しかない番組になりましたね」
白石「そうですね。本当に、新春にふさわしい番組だと思います」
川島「逆に言うと、こんな番組は正月以外、流せないんじゃないかと(笑)」
ノブ「僕は普段、自分が出てる番組を見るのは、こっぱずかしいと思ってしまうほうなんですけど、これだけは、正月に家族と一緒に見たいなと思います(笑)。いやもう、マジでおもろかったです。最高でした」
大悟「ほんまに、どのコーナーも全部面白かったですから」
ノブ「そう、“これは今イチかな”みたいなコーナーがひとつもなかったんですよ。収録は、結局6時間ぐらいかかったんかな?で、放送は3時間半でしょ? いったいどこをカットするんですか、と」
大悟「そうね、ちょっともったいない気もするな」
川島「うん、もう一回改めて見たい人もたくさんおるし」

――今回注目の芸人を教えてください。

白石「どの芸人さんも、みなさん面白かったです。“バク速-1GP”も、ずっと続いている企画ですけど、今までよりもさらにパワーアップしているように感じましたし」
川島「そうですね、みんな完璧でした…と言いたいんですけど、プラス・マイナスの岩橋(良昌)さんだけは、ちょっとやらかして…やらかしたまま帰られていきまして(笑)。何が起こったのかは、ぜひご覧いただきたいんですけれども、翌日、私宛てにLINEで、ものすごい長文の謝罪が届いたことだけは、ここでお伝えしておきます(笑)」
大悟「僕が注目してほしいのは…、こんな話をすると、先物取引みたいなことになってよくないのかもしれないですけど、ひょっとこのお面を作ってる会社の株は、今のうちに買っといたほうがいいと思うんですよ」
一同「(爆笑)」
ノブ「篠宮(暁/オジンオズボーン)さんの、ひょっとこのバク速ネタね。あれは本当におもろかったなぁ」
白石「最高でしたね(笑)」
大悟「そやから、オンエアされた途端、ひょっとこのお面がガーッと売れる可能性が…」
川島「そうすると、ひょっとこのお面のメーカーの株が上がると(笑)」
ノブ「ひょっとこも、もう一度オンエアで見直したいですね」
川島「確かに。現場では何が起こったかよくわからなかったからね、われわれも(笑)」
大悟「俺は、江戸時代に初めてひょっとこを見て笑った人と同じぐらい、あのひょっとこで笑いました(笑)」
川島「フジテレビは今後、彼ひとりに“今夜のフジテレビは…”を任せたほうがいいんじゃないですかね(笑)。これからのフジテレビを背負っていくのは篠宮さんじゃないでしょうか」
白石「いいですね(笑)!」
ノブ「僕の注目芸人は、アンガールズの田中(卓志)くんですね。彼にはいつも、本当に脱帽させられるんですよ。今回の“ドッキリツッコミGP”も、ドッキリを受けながらのツッコミが素晴らしくて。僕もよくドッキリに引っかかるほうですけど、もう全然かなわないなって。むちゃくちゃかっこよくて、全く“ブサイク”とも“キモい”とも思わなかったです。なんなら一瞬、阿部寛に見えました(笑)」
大悟「スタイリッシュやったもんなぁ(笑)。いいポスターがまたたくさんできるんじゃないですか」
川島「そう、今回の“ドッキリツッコミGP”は、“ポスター1グランプリ”、“P-1グランプリ”も開催されてましたから(笑)。フジテレビにとって追い風となるような、素晴らしいポスターができたんじゃないかなと。YouTubeやネット番組も面白いけど、やっぱりテレビっていいなって、改めて思ってもらえたらうれしいですね」
白石「“ドッキリツッコミGP”も、本当に面白かったですよね。前回出ていただいた(カンニング)竹山さん、ミキの昴生さん、今回新たに出ていただいた田中さん、銀シャリの橋本(直)さん、4人ともまったく違うタイプのツッコミをされていて。感動しちゃいました」
大悟「特に竹山さんは、ツッコミに深みがあるんですよ。人生がにじみ出てるというか。あれだけの芸歴がありながら、いきなり呼び出されて、あんなにむちゃくちゃされるんだっていうね(笑)。ほんまに芸人としてかっこいいなって思います」
ノブ「あと、『ドッキリツッコミGP』は、セットもすごくて。“ヌルヌル階段”とか、いくらかかってるんだっていう。このコーナーに限らず、めちゃめちゃお金かかってませんか?この番組」
川島「いや、ほんまにすごかったね」
ノブ「たぶんね、『クセスゴ(千鳥のクセがスゴいネタGP)』の制作費が全部こっちに回されてるんですよ(笑)。見ました?『クセスゴ』のセット。何なんすか、板1枚って(笑)」
大悟「『クセスゴ』は、もはや弁当も出んようになっとるから(笑)。この前、ちっちゃいミカンが2個ぐらい置いてあったけど」
川島「それは問題ですね(笑)。確かに今回われわれは、なかなか豪華なお弁当を出していただきまして。本当に『クセスゴ』の予算が回ってきてるんかな(笑)」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ